>> このブログに込めた想い

当ブログと連動したメールマガジンを、毎週1回配信しています。ぜひご登録ください!

  
powered by まぐまぐトップページへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
エクスパットや出向者とのチームワーク

こんにちは。藤島です。

今回も、前回に引き続き読者の方からのご質問にお答えしたいと思います。


★ご質問の内容・・・エクスパットや出向者とのチームワーク★

【ブログ読者 ひばりさんからのメール】

  私は外資系企業で働いている会社員です。現在の企業には約半年前に
  転職しました。

  エクスパッド(本国本社から派遣される外国人社員)が多数海外から赴任
  してきています。

  技術力はあり大変優秀なのですが、いずれ母国に帰る身。
  日本の会社を育てる気はなく、知識、経験を共有することはありません。

  さらに、要職についているケースが多く、日本人スタッフのモチベーションを
  下げる原因にもなっています。

  このような状況下ではありますが、ビジネスは好調のため、人材の補充は
  かなりハイピックで進んでいます。

  本傾向が続くといずれ会社として、疲弊してしまうような気がします。
  本件に関して何かお考えなどありましたら、ぜひご意見伺わせてください。
 


                   *  *  *  *  *


ひばりさん、ご質問ありがとうございました!

とても難しい問題ですし、会社によって色々な事情があると思いますので、どれだけ
お力になれるかわかりませんが、私たちなりの回答を書いてみたいと思います。


また、今回は外資系企業の課題ですが、状況は多少違うにしても、日本企業で関連企業
から出向者を受け入れている企業にも、同じような課題が存在するかもしれません。

なんとなく自分の会社に状況が似ているな・・・と感じられる方は、ご参考にしていただける
と幸いです。





今回の回答の内容ですが、ひばりさんがどのようなお立場か、詳しくは存じ上げないの
ですが、このような問題に直面した際に、一般的に考えうるアプローチを、大きく2つに
分けてお話したいと思います。


それは、

 1)マネジメントレベルでできること/やるべきこと
 2)現場レベルでできること/やるべきこと

です。



★マネジメントレベルでできること/やるべきこと★

“外資系企業”には、かなりローカル(各国現地法人)にマネジメント(人材の評価や処遇、
採用など)の裁量が認められている場合と、本国本社の影響力がかなり強い場合と、
2つのケースがあります。


本国本社の影響力が相当強い場合には、なかなかマネジメントレベルでできることも
少ないかもしれません。

でも、もし可能であれば、以下のような点について、できることがないかを考えてみることも
ひとつの改善の方向だと思います。



まずひとつは、エクスパットの役割をしっかり本国、そして本人と握っておく(合意しておく)
ということです。

エクスパットが各地に派遣される目的や理由は、各社それぞれ様々だと思いますが、
主なものは、

 ・本社の持つノウハウや知識、技術力等を各地に展開する
 ・グローバル企業の重要顧客との関係を本社主導で開拓・深耕する
 ・会社の理念や価値観、行動規範をグローバルに浸透させる

などが多いと思います。


要は、「グローバルに展開・統一すべきことを確実に浸透させる伝道師」のような役割で
あることが多いのではないでしょうか。

それは裏を返せば、「ローカルの独自性のある部分については専門外」ということでも
あると思います。


特に日本の国民性や商習慣というのは、外国人から見れば特殊で理解し難い部分も
あると思います。

そう考えると、日本の顧客との関係構築や国内の業界でのプレゼンス向上については、
私たち日本人の方が得意であることが多いということですね。


可能であれば、その得意・不得意をベースに、ある程度明確に役割分担をしておき、
少なくとも日本の独自性が重要である部分については、ローカルの裁量をできるだけ
確保しておく、ということが大切なのではないかと思います。

そうすれば、現場の日本人スタッフも、自分たちの得意分野の業務に注力でき、仕事への
モチベーションを高めることも可能になると思います。



また、役割分担を明確にしておくことで、ひばりさんが書かれたような

「いずれ母国に帰る身。日本の会社を育てる気はなく、知識、経験を共有することは
 ありません」

というスタンスが、果たしてエクスパットとして適切なのか、という議論も可能になります。



そして、更に可能であれば、上記のような役割分担を前提とし、日本人には日本人の
強い部分で評価・処遇をおこなっていけるような評価制度や役職登用の基準をローカルで
設定することができるのであれば、

エクスパットと日本人スタッフがうまく共生できる環境を作ることができるのではないか
と思います。



★現場レベルでできること/やるべきこと★

とはいえ、上記のようなアプローチをとることは、時間も労力も必要ですし、本社との
関係によっては、難しいことも多いので、次に、現場の社員一人ひとりの心がけや行動
で可能な対応について書いてみたいと思います。


ここでも、前提となっているのは、上記のような役割分担や得意・不得意の関係です。

ひばりさんも書いてくださったように、エクスパットの方々も、本社から力を認められて
送り込まれた方々だと思いますので、彼らから学ぶことはたくさんあると思います。

その点は、素直に「学ぶ姿勢」で、日本人スタッフの側から歩み寄る姿勢を示すことが
必要なのではないかと思います。



どんな人でも、見知らぬ国、見知らぬ環境で仕事をするのは不安ですし、どのように
振舞えばよいのか、戸惑っている部分もあると思います。

そういう意味では、私たち日本人の側が「ホスト」の立場ですので、まずはこちらから
歩み寄り、素直に「教えてください」という姿勢を示しながら、信頼関係を作っていく
のが良いのではないでしょうか。



また一方で、前述のように、日本人スタッフのほうが得意としている分野もあります
ので、それはそれで、ちゃんと相手に伝える(場合によっては「教えてあげる」)という
ことも重要です。

つまりは、仕事の質や成果を高めるために、お互いに得意分野を持ち寄って補完し合い、
ベストなチームワークを形成していくような行動をとっていく、ということが求められている
と思います。



これまでの関係もありますし、相手の性格やワークスタイルの問題もあると思いますが、
外国人であっても「人」であることに変わりありません。

まず一番に大事なのは、お互いに歩み寄り、信頼関係を築いていけるような
コミュニケーションだと思います。



★拠り所は常に「顧客視点」★

いろいろと書いてきましたが、どんなときにも重要なのは、「顧客視点」です。

エクスパットと日本人スタッフがどのような関係にあろうと、また、社内がどんな問題を
抱えていようと、会社として実現すべきは、最大限の顧客満足、更には、その結果
としての成果・業績の向上、ですね。


それは、本国本社もエクスパットも、日本のマネジメントも現場スタッフも、皆同じ考え
だと思います。


そう考えると、

日本のクライアントの「顧客満足」を最大にするためには、社内をどのような体制にし、
どのような役割分担をするべきなのか、

エクスパットと日本人スタッフにどのような関係が出来上がっているべきなのか、

という点が自然に見えてくると思います。


必要があれば、エクスパットも交え、顧客視点から業務プロセスや社内体制を見直す
会議体等を定期的に設けるというのも有効かもしれません。

それほどフォーマルでなくても、エクスパットも含め、社内の会話の起点や判断基準を
「顧客視点」とし、同じ視点で議論を行うコミュニケーションのルールや風土を形成して
いくのもよいでしょう。



いずれにしても、ポイントは、

 ・お互いの得意・不得意を認識して認め合い、
 ・常に最大の顧客満足を全員で追求するために、
 ・ベストなチームワークが形成できるよう、コミュニケーションを重ねる

ということだと思います。


とても難しい状況であることは理解しているつもりですが、少しずつでも状況が
改善されることを祈っています。


また何かあれば、メールでもブログのコメントでも、ご連絡くださいね。

頑張ってください!



今週のささやき

今回は、外資系企業独特ともいえるテーマでしたが、何かヒントになることはありました
でしょうか・・・。


「多様性の時代」と言われて久しいですが、多様な人材が社内に増えるにしたがって、
自分たちの力だけではどうにもならないこと、一筋縄ではいかない課題もたくさん発生
してきますね。


今後も、ご相談やご質問を引き続き募集していきたいと思います。

どんな特殊なケースでも、どんな小さな悩みでも結構です。

私たちでお答えできることであれば、どんどんご紹介していきたいと思っていますので、
皆さまのEメールをお待ちしています。(詳しくは下記をご覧ください)


今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました!


                                       (今週の文責:藤島)


※ご質問・ご相談はこちらへ


いつも、このブログを読んでくださってありがとうございます。

「女性コンサルタントの二人言」では、皆さんからのご質問・ご相談をお待ちしています。


あなたが、

 ・マネジャーとして組織を運営する際に、悩まれたり、困ったりしていること

 ・組織のメンバーとして、周囲を見て不思議に思ったり、何とかしたいと思ったこと

 ・自分が成長する上で、疑問を持ったり、アドバイスがほしいこと

 ・プライベートとの両立で悩んだこと

などがありましたら、どんどんメールを送ってください。


どんな小さなテーマでもかまいません。このアドレスに気軽にメールを送ってくださいね。
 

可能な限り、お答えしていきたいと思います。

回答者のご指定がなければ、私達二人のうちのどちらかが回答します。
 
ご指定がある場合は、タイトルにどちら宛かを明記してください。


ご質問いただけるのを楽しみにしています!




スポンサーサイト
【2008/03/19 10:12】 | ■魅力ある会社を目指して | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<評価フィードバックをマネジメントに活用する方法 | ホーム | 仕事への復帰に向けて>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://consultant2.blog68.fc2.com/tb.php/92-3e60d2a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。