>> このブログに込めた想い

当ブログと連動したメールマガジンを、毎週1回配信しています。ぜひご登録ください!

  
powered by まぐまぐトップページへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
両立のためのコツ(5) …状況を活かす 
★両立することを、自らの成長機会としてとらえる★

仕事とプライベートの両立というと、相反することに対応しなくてはならない局面が多くなります。

やらなくてはならない仕事が残っているのに、保育園のお迎えの時間が迫ってくる、
どうしても仕事を休めない状況なのに、子供が発熱した、
ただでさえ両立が大変なのに、PTAの役員をしなくてはならなくなった・・・など、
相反する状況のやりくりに、日々苦労されている方も多いことと思います。

これらは、仕事をする上で、ハンディを背負っているととらえられがちです。

たしかに、思い切り仕事に没頭できる人と比べると、自由度が低く、数々の困難な局面を抱えていることは、大きなハンディかもしれません。

 
しかし、以前このメルマガでも書きましたが、困難な状況にある時は、それを克服するために、ありとあらゆる打ち手を模索して、精力的に動いたり、何とか工夫して解決方法を探り出すことが必要になります。
 ⇒ 33号『困難こそ成長のチャンス』
   http://blog.mag2.com/m/log/0000197175/108239096.html?page=2

環境に恵まれていると、何の無理もなく物事を進めることができます。

逆に、困難な状況にある時は、苦労無くしては物事は進みませんが、さまざまな打ち手を模索して、何とか克服するという成功体験を得ることができます。

もちろん、状況を克服するには想像を超えるようなアイディアや、信念、粘り、忍耐力、行動力などが必要ですが、だからこそ、それらを鍛える機会にもなります。


このように、困難な状況は成長のためのチャンスであると考えると、相反することに日々対応を迫られている状況は、まさに成長のためのチャンスと考えることができます。

仕事とプライベート双方の幸せを享受し、さらに自分の成長にもつながる・・・こんな幸せな状況は滅多に無いのではないでしょうか。

ですから、両立という課題を抱えている人は、今の困難さを前向きにとらえ、成長のためのチャンスを余すところなく活かしてほしいと思います。


それでは、どのようにこのチャンスを活かしたらよいのでしょうか?




★困難な状況をやりくりすることから得られるメリット★

まず、両立するために、日々困難な状況をやりくりしていること自体がそのままメリットになっていることは無いでしょうか?
 

女性だけでなく、多様な価値観や状況にある人が多様な働き方をするようになると、マネジャーには今までにないスキルが必要になってきます。

つまり、多様な人たちを上手にマネージして、協力関係を作ったり、仕事のシフトや体制を作るためには、各人のさまざまな状況と必要な労働力とを何とか調整しなくてはなりません。

必要なスキルを持った人の時間が確保できないこともあるかもしれないし、休職する人の仕事を補填する人がみつからないこともあるかもしれません。

そこで、マネジャーは、「複雑で矛盾するような情報を同時に扱って、いろいろな角度から解決策を導き出す」ことが必要になります。

 

無理なく仕事に集中して、思い切り働くことができる人と違って、両立している人は、日々、複雑状況をやりくりしています。

そのため、プライベートと仕事を両立しようとしている人たちは,
日々、「複雑で矛盾するような状況を同時に扱って、いろいろな角度から解決索を導き出そう」としているといえます。

日々の生活が、まさにマネジャーとして重要な用件の鍛錬の場になっているのです。

 
したがって、多様性の時代を迎えようとしている今、両立のために努力していること自体が、これからのマネジャーに必要なマネジメント・スキルの一つを、時代に先駆けて鍛錬していると考えることができるのではないでしょうか。

 


★プライベートの場で、自己研鑽する★

次に、両立するために、プライベートの場でいろいろと工夫していることが、仕事やマネジメントでも役立つスキルに直結するということが多々あります。

たとえば、以下のような工夫は、そのまま仕事にも置き換えることができます。
各項目について、仕事の場ではどのようになるか、考えてみましょう。


 ●情報入手ルートを作る
   学校や保育園の活動、子供同士に間での出来事など、
   子供を巡る情報が随時入手できるような状況を作って
   おく。
   (仲の良い友達のお母さんや、仕事も持つお母さん
    同士のネットワークを作る)


 ●協力体制を作る
   保育園や学童保育の先生と、信頼関係を築いておく。
   また、配偶者や両親・近所の人たちなど、周囲の人
   から無理なく協力してもらえるための関係を築いて
   おく。
   相手の負担にならないように配慮したり、一方的に
   依存するのではなく、ギブ&テイクになるような配慮
   をする。


 ●緊急対応プランを作る
   通常のフローや協力体制が上手くいかない場合の
   対応策を事前に用意しておく。


 ●優先度を明らかにする
   突発事項が起きたり、仕事とプライベートが両立
   しえなくなるような状況に追い込まれた場合の、
   優先順位を自分の中で明らかにしておく。


 ●相手(子供)の様子・状況に関する感度を高める    
   相手の様子に常に留意し、変化やメッセージを察知
   するように、注意深く観察する。
   

 ●相手(子供)に合わせたコミュニケーションを行う    
   相手の理解力にあわせて、真の意図が伝わるわかり
   やすいコミュニケーションを行う。


 ●相手の成長に合わせた役割分担・家事の進め方を
  デザインする
    
   どこまで自分でできるのか、任せることができるのか
   を見極め、自分や協力してくれる大人の関わり方を
   デザインする。
   成長にあわせて、その形態・進め方を変化させていく。


おそらく、両立している人たちは、特に意識しなくてもこれらをこなしていることと思います。

こうして考えると、プライベートの場で困難な状況を克服する方法をデザインしているのであれば、仕事の場でも自律的に仕事をデザインできるのではないでしょうか。
 
  
 

★仕事での経験をプライベートの場に活用する★


逆に、仕事上で身につけたスキルも、余すところなくプライベートの場に活用したいものです。

たとえば・・・


 ●合理的な家事のフローをデザインする
   とにかく、効率よく仕事を進められるように、無駄を
   一切排除して、先々への影響を読んだ上で段取りや
   手順を定める。


 ●PTAの仕事に、仕事で身に着けたスキルを活用する
   エクセル、簿記、仕事デザイン力など、仕事上身に
   着けたスキルは余すところなく活用する。
   特に、他の人たちができないことを引き受けることに
   よって、不要なミーティングへの参加を免除されたり
   することがある。


 ●学校行事やPTAの仕事のあり方を改革する
   仕事の場とは異なり、多くの無駄や矛盾をはらんだ
   慣習が重視されていることが多い。
   これまでのやり方を単に踏襲するのではなく、合理的な
   方法を整理してマニュアルを作ることによって、自分が
   関わる時間も削減されるし、両立している後進の人たち
   の役にも立つ。


 ●プロとして、ビジネスパーソンとして、社会に関する認識
  を子供に伝える

   身近にいるビジネスパーソンとして、社会の見方や
   仕事上の気づきを、直接子供に伝え、ともに考えることが
   できる。


これらは、本の一例です。
実際に両立されている方たちは、いろいろな面で仕事で得たものを、プライベートに活用されていると思います。

あなたは、どのような工夫をされているでしょうか。
できれば、情報交換の場でも持ちたいものですね。

 
 
今週のささやき

私事ですが、先週末に父が他界しました。

それなりの年齢でしたし、病気も持っていたので、家族の心の準備はできていたのですが、やはり親の死というのは、想像以上に悲しいものです。

孫(私たちの子供たち)を含めた家族が毎日集まり、父を偲んだり、母を元気付けたりしていますが、あらためて家族の大切さを実感しました。

仕事とプライベートの両立がどんなに困難であっても、やはり新しい家族を築いてきて良かったと、心の底から思いました。

自分の「仕事とプライベートの経験」を活かして、これからも、両立されている方々や、両立を目指されている方々の少しでも役に立ちたいと思っています。

                  (今週の文責:曽根岡)
スポンサーサイト
【2007/08/13 17:45】 | ■個人の進化・成長に向けて | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ワークライフバランス観 | ホーム | 日本企業と自律型人材>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://consultant2.blog68.fc2.com/tb.php/62-6af0f875
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。