>> このブログに込めた想い

当ブログと連動したメールマガジンを、毎週1回配信しています。ぜひご登録ください!

  
powered by まぐまぐトップページへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
【なぜ『本質』にこだわるべきなのか】
前回の「魅力ある会社を目指して(1)」では、藤島が、「多様性の時代だからこそ、会社の
『本質』を見直すことが重要」と語っていました。

私(曽根岡)もまったくの同感です。
さまざまな価値観や立場の人々が集まって、ひとつの組織として活動していくには、根っこの
ところで共通の「こだわり」や「価値観」を持つことが従来以上に必要だと思います。

そこで今回は、会社や組織を運営していく上で、なぜこのような『本質』にこだわることが
必要なのかを、さらに考えてみたいと思います。



1. 多様な人々をひきつけるため                 


● あなたは今、「なぜ、自分はこの会社(組織)で仕事をしているのか」と聞かれたら、
どのように答えますか?

  この会社の製品やサービスに誇りを感じるからでしょうか?
  社長の人格やリーダーシップに惹かれたからでしょうか?
  社員の仕事に対する姿勢・考え方に共感を感じるからでしょうか?
  それとも働く仲間が好きだからでしょうか?
  お給料や働く環境が恵まれているからでしょうか?
  会社のブランドに対する社会の信頼が高いからでしょうか?

  あなたが、この質問に自信を持って明確に答えることができて、自分の仕事や人生とどのように
位置づけられるのかを説明できるようなら、あなたの会社は多様性の時代にも適用できる可能性を
持っているように思います。


● 育ちも立場も価値観も異なるさまざまな人々が、自分の人生観の中で、いま、この会社や組織
に参加したい、この会社や組織と良い関係を築きたい・・と思うには、何が必要だと思いますか?

  藤島が語っていたように、私もその会社や仕事に大きな魅力を感じることが最大の要因になって
いるのではないかと思っています。
少なくとも、共感を持てることが大前提なのではないでしょうか。

  その魅力や共感の源が、ここでいう『本質』なのだと思います。

● そこで、これから多様な人々と良い関係を築いていくには、その会社が自社のビジョンや
価値観を明確に打ち出し、これらの人々に伝えることが不可欠なのではないでしょうか。

  つまり、その会社の経営者やマネジャー達が中心となって、会社として、あるいは組織として
「自分たちが何にこだわり、何を大事にしているか」といった『本質』を、とことん考え、共有
することが第一歩だと思います。
そして、それを言葉に現し、あるいは日日の仕事の中で、わかりやすく伝えていくことが、
これまで以上に重要なのだと思うのです。

  その結果、一人ひとりが、
  ・その会社が顧客に向けて生み出している価値に対して共感を感じたり、
  ・その会社や組織に関わることによって、自分の人生が豊かになることに期待を抱いたり、
  ・一緒に働く仲間に尊敬や信頼を抱いたりできるようになれば、
会社と個人の間によりよい関係が築けるのではないかと思います。

  いわば、これからのマネジャーの重要な役割は、多様な人々に会社としての『本質』やこだわり
を伝え、そこに参加することへのモチベーションを高めていくことにあるのではないでしょうか。


2. 異なる存在を相互に理解するため            

● 人間は、自分自身は正しくて、間違いないと信じたがる存在です。
自分の信念や価値観、仕事の仕方や行動は、正しいと思いたいものです。

  すると、自分とは異なるものに対して、時には否定的になってしまうこともあります。
私も、つい自分と違う考え方や仕事の仕方を否定したくなることがあります。
あなたも、そんな経験はありませんか?

  これまでは、もともと同じような環境で育ったり、同じような経歴・経験を持つ人たちが、
組織を構成していることが普通でした。
また、多くの人が正社員として、同じような働き方をすることが多かったと思います。

  こんな時代でも、他の人のやり方に納得がいかなかったり、時には愚痴をこぼしたくなる
こともあったのです。

● しかし、これからは多様性の時代です。自分とは違う存在を相互に理解して受け入れていか
なくてはなりません。

  そのときに、相手も自分も同じ『本質』にこだわって仕事をしており、ただ、働き方ややり方
が違うだけであることわかれば、お互いにずっと理解しやすくなるのではないでしょうか。

● たとえば、子育てと両立するために必ず定時に会社を出ている女性社員に対して、「女性
だからといって、過度に優遇されている」「甘えがあるんじゃないか」と思ってしまう男性も
出てくるかもしれません。

  しかし、彼女は、その男性社員と同じように、徹底した「顧客思考」と「プロフェッショナ
リズム」を持っていて、子供が寝た後に密かに仕事を進めているかもしれません。
時には、疲れを押してでも徹夜で仕事をしているかもしれないのです。

  自分たちが同じように大事にしていて、会社の『本質』である「顧客思考」と「プロフェッ
ショナリズム」を仕事の上できちんと実践しているのであれば、見た目の働き方の違いは問題では
ない・・と彼も気づくのではないでしょうか。


3. 共通の判断規準として                    

● 何度も言っていることですが、今は環境の変化が激しく、ビジネスにおいてスピードが求め
られる時代です。
仕事をしていく上では、いろいろな場面で迅速に正しい判断を下さなくてはならないことがあります。

  会社や組織において、多様な人々が関わり、意見が割れた時、あるいはどうしたら良いかの
判断に迷った時、皆がそもそもの『本質』に立ち戻ることが大変重要です。
議論のための共通言語と言っても良いかもしれません。

● たとえば、顧客からの依頼案件を受けるかの議論の際に、「自分たちは、顧客の継続的な発展
に貢献する」ことにこだわっているのであれば、「目先の利益を実現するために中長期の発展を
損なうような依頼をそのまま受けてはいけない」という結論になります。

  このように、働く人が多様化するだけでなく、顧客もニーズも多様化する中で、そもそもの
判断基準として、『本質』を共有しておくことが重要だと思うのです。


● また、異なるタイプの人々が、一緒に会社や組織において仕事をしていくには、仲間に理解
され、受け入れられるような「良識的な判断」をしなくてはなりません。

 「私は小さい子供がいるから、明日のプレゼン準備の進捗に関係なく、時間通りに帰って当然。」
とか「子供が病気だから、急に休んでも仕方ない」と、当たり前に主張する人ばかりだったら、
どうなるでしょう?

 「徹底した顧客思考」をこだわりとして仕事をしている会社であるなら、可能な限りの努力をして、
「顧客には絶対に迷惑をかけない」ことを優先しようとする姿勢がなくては、やはり「良識的な判断」
と言うことはできません。

 「良識的な判断」ができて初めて、仲間として認められ、お互いのサポートを得られるのです。

  多様な人々がともに働く以上は、その会社・組織における『本質』をもとに、誰もが「良識的な
判断」ができることが、新たな会社や組織には不可欠なのではないでしょうか?


さいごに                         

  今回は、多様な人々がともに働く会社や組織を運営していくには、なぜ『本質』にこだわらなく
てはいけないのかについて考えてきました。

  多様な人々とより良い関係を築いて、会社や組織の魅力や競争力を高めていくためには、これ
からのマネジメントは従来よりもずっと難しくなってくると思います。

 そんなときに、経営者やマネジャー、現場リーダーの方たちが、『本質』を共有するように組織を
導き、(1)多様な人たちをひきつけ、(2)相互理解を促し、(3)正しい判断を促していく
ことを意識してくだされば、マネジメントの困難さも克服できるのではないでしょうか。



今週のささやき                         

会社や組織の『本質』を共有するのは、たやすいことではないと思います。
でも、実際にコンサルティングの仕事をしていると、現場まで深く価値観が浸透している会社にも
多く巡り合います。

そんな時は、外部のコンサルタントである私まで、その価値観や本質に魅了されて、「少しでも
役に立ちたい」と、いつも以上に強く思ってしまいます。

そして、「少しでも役に立てた」ことを実感できたり、その会社の方々に喜んでいただけると、
思いっきりドーパミンが放出されて、とても幸せな気持ちになれるのです。

外部の人間までも魅了するような『本質』へのこだわり、本当に素晴らしいと思いました。


                                (今週の担当: 曽根岡)  


スポンサーサイト


【2006/07/07 18:22】 | ■魅力ある会社を目指して | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【ありのままの自分を知る】 | ホーム | 【自分の居場所を見つける】>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://consultant2.blog68.fc2.com/tb.php/6-565ea08a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。