>> このブログに込めた想い

当ブログと連動したメールマガジンを、毎週1回配信しています。ぜひご登録ください!

  
powered by まぐまぐトップページへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
【自分の居場所を見つける】
●「多様化」と「変化」の中での「居場所」探し

 今、企業の「人材」に対する考え方が多様化しているだけでなく、価値の出し方自体も多様化
し始めています。

 昨日までライバル同士だった会社が突然アライアンスを組んでビジネスを始めたり、今まで
全く関係ないと思っていた会社が、突然自社のライバルとして出現したり、という状況が、頻繁
に発生しています。


 そのような状況の中では、会社と人、人と人の関係も日々刻々と変化していくことになります。

 これまでライバル会社の社員だった人が、突然自分の"仲間"になったり、昨日まで会社の中核
だった人材が突然そうでなくなったり。
 自分自身も、いつどのような状況に追いやられるか、わからない状態なのです。


 このような変化の激しい状況の中、私たち働く個人にとって、自分の居場所を見つけること
が難しくなってきています。

 就職、転職をするときにも、何を基準に会社を選べばよいのかわかりづらくなりつつあります。
 公開されている文字や数字によるデータは、参考にはなっても、いつそれが大きく変化する
かわかりません。


 では、私たちは、どのようにして自分の「居場所」を見つければよいのでしょう・・・?


●キーワードは“本質”

 前回、これからの会社は、多様性の時代だからこそ同一性が重要だ、というお話をしました。
この“同一性”というのは、会社の「本質」つまり、価値観のようなものです。


 表面的な文字や数字ではなかなか「居場所」の判断が難しくなってきた今、私たち個人も、
自分の「本質」というものをしっかり認識し、その「本質」と共鳴する(マッチする)場を選択
していくことが大切だと思います。


 自分の「本質」とマッチした場・・・それは、どのようにして見極めればよいのでしょうか?

 その条件は様々です。例えば、

  ・分野やテーマが、本当に自分がやりたいこと、自分が追求したいことと合致していること
  ・働く環境(周囲の人との相性や組織の風土など)が、自分にとって心地よいものであること
  ・自分の能力と必要とされる能力とが合致していること

 などです。


 でもこれらは、頭で考えるものと現実との間に大きなギャップがある場合が多々あります。

 また、自分がやりたいこととは何か、自分の能力とは何か、など、自分ではうまく整理でき
ないこともあります。


 そもそも、“本質”や“価値観”を文字にして表現すること自体が難しいので、最終的には、
もっと感覚的に、直感的に判断してみることも必要ではないかと、私は考えています。



●肌で感じて検証してみる

 そこで、まさに自分の実感として、自分の「本質」と合致しているかどうかを、肌で感じて
検証してみてはどうかと思います。

 その検証のポイントは、大きくは以下の3つです。


 ◇心地よいストレスを感じられること

  ⇒仕事をする上では、ある程度はストレスがあるほうが、仕事のやりがいにもつながるし、
   パフォーマンスも高まります。
   ポイントは、明らかにストレスがあるけれど、それを自分でも「心地よい」と感じられ
   るということ。

   それはつまり、自分の根本にある“本質”とその状況が共鳴し、「やりがい」が生まれて
   いる状態といえると思います。


 ◇会社や組織にとって、社会にとって、自分にとって、本当に意味のあることだと、
  自分自身で信じられること


  ⇒自分の“本質”とマッチしているとき、その仕事やその会社・組織に対して、「誇り」
   や「プライド」を感じます。
   そして、「誇り」や「プライド」を持っているからこそ、仕事に真剣に取り組み、自分
   らしい価値を出すことができます。

   自分のやっていることや自分の居る場に「誇り」や「プライド」を感じているか、一度
   思い返してみてください。


 ◇その仕事をしていると、ワクワクして思わず没頭してしまうこと

  ⇒自分の“本質”と共鳴しているテーマや仕事は、理屈ぬきで、「面白い」と感じるもの
   です。
   そして、寝るのも食べるのも忘れて没頭してしまったりします。

   そのような状態、味わったことがありますか?


 このような観点から検証しながら、本当の自分の居場所とはどういう場なのか、今居る場は、
本当の自分の居場所なのか、じっくり見極めていきたいものです。


今週のささやき

 自分で言うのもなんですが、今、私の仕事は、内容やワークスタイルなどトータルで、上記
の3つのポイントを、全て満たしているような気がします。

 この原稿を書きながら、「ああ、私は幸せものだなぁ」と実感しました。


 もちろん、ときにはストレスが過剰になったり、どーんと落ち込んだりすることもあります。

 でも、基本的には「誇りを持ってワクワク楽しむ」をモットーにしてやっていけば、何か
面白い価値が出せそうな気がします!


                                  (今週の文責:藤島)

---------------------------------------

 ちなみに、私の活動のキーワードの一つが“プロフェッショナリズム”

 こんなコラムを書いてみたので、もしよろしければ、こちらもご覧ください!

  ⇒ ジーコ監督の言った“プロフェッショナリズム”
スポンサーサイト


【2006/06/30 17:33】 | ■個人の進化・成長に向けて | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【なぜ『本質』にこだわるべきなのか】 | ホーム | 【多様性の中の同一性】>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://consultant2.blog68.fc2.com/tb.php/5-e2723d3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。