>> このブログに込めた想い

当ブログと連動したメールマガジンを、毎週1回配信しています。ぜひご登録ください!

  
powered by まぐまぐトップページへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
愛とソロバン
★プロに「計算高さ」は必要か★

 先日、たくさんの女性たちの集まる交流会がありました。

 そこで出たのが、「女性は慎ましくないといけないのか」という話と、「プロとして仕事を
 する上で、計算高さは必要か」でした。


 「女性は慎ましくないといけないのか」という点については、またいずれお話してみたい
 と思います。

 今日のテーマは、「プロとして仕事をする上で、計算高さは必要か」。


 私たちの結論は、YESでした。

 「計算高さ」と言うと、少し聞こえが悪いかもしれません。

 「計算高い人」とか「政治的な動きをする人」に対して強い嫌悪感を示す人も多いので、
 抵抗のある言葉かもしれません。


 でも、必要なのです。

 ここでいう「計算高さ」とは、自分自身の行動範囲や行動の仕方、一緒に働く相手などを
 しっかり考えて、自分の能力アップや成果向上につながるよう、自分の行動を賢く設計する
 必要がある、ということです。



 自分自身の能力を高め、仕事を体系的に学ぶには、できるだけ優秀な人と一緒に仕事をする
 のが、一番の近道です。

 しかも、相手の成長のことも考え、ある程度指導に時間をかけたり、仕事の「そもそも」から
 ちゃんと教えてくれる、メンター的な存在の人が一番望ましいと思います。


 自分の周りでいえば、それは誰なのか。自分との相性を考えたとき、誰がメンターになりうるのか。

 そのようなことを考えながら、意図的に一緒に働く人を選ぶことも、成長していく上では
 とても大切で、それはある意味、「健全な計算」だと思うのです。



 それ以外にも、自分が本当にやり遂げたい仕事やビジョンを実現させるためには、誰の、
 どういう力が必要か、ということを考えた上で、誰と、どんな関係を築くべきかを考えること
 も大切だと思います。


 その上で、相手にどのようなメリットを提供すれば、相手も自分にメリットを返してくれる
 のかを考える・・・つまり、相手との間でどのようなWin-Winを築くべきかを考えることも、
 必要な「計算」だと思います。



★「計算高さ」と「誠実さ」★

 かといって、全てを計算で行動し、どうすれば自分に都合の良い状況が作れるのか、ということ
 ばかり考えていては、あまり良い結果は生まれません。



 そこには、「誠実さ」とのバランスが大切だと、私は思っています。


 誰と一緒に働くか、誰とコネクションを作るべきか、誰とどのようなWin-Win関係を築くべきか・・・。

 そういう、自分自身の行動ポリシーとか、大枠の行動の方向性といったものは、ある程度賢く、
 「計算」も含めて設計していく必要があると思います。


 でも、いざそれらを行動に移すとき、当たり前ですが、自分の設計どおりにいくとは限りません。

 むしろ、それ以外のいろんな人やいろんな顧客、いろんな仕事と向き合わなくてはならないので、
 計算外の行動の方が多くなるのは当たり前です。



 そんなとき、「この仕事は自分の成長には役立たないから」とか、「この人は私にとって
 メリットがないから」という理由で、あからさまに態度を変えるのは、得策ではありません。

 日常の一つひとつの業務、普段会う一人ひとりの人と対面したときには、その仕事が何であれ、
 相手が誰であれ、誠心誠意、対応していくことが、とても大切だと思っています。


 私はこれを、「大枠は計算しつつ、一つひとつは誠意を持って」という自分自身のポリシー
 にもしています。



 この話をしたとき、ある女性は、
 
 「“右手に愛を持ち、左手にソロバンを持つ”ということですね!」

 とおっしゃっていました。


 たぶん、その通りだと思います。



★「誠実さ」の意味★

 ここで言う「誠実さ」とはどういうことか、なぜ「誠実さ」が大切なのか、ということについて、
 少し補足したいと思います。


 ここで言う「誠実さ」とは、

 ・その仕事が何であれ、手を抜かずに全力で取り組む
 ・相手が誰であれ、相手のことを最大限尊重する
 ・相手が誰であれ、相手が自分に何を求めているのかを考え、それに応えようとする・・・

 といったことです。


 なぜこれらが大切なのかといえば、結局「プロ」といっても、最後に「この人と働きたい!」と
 思ってもらえるかどうかの違いは、人間性の違いだと思うからです。


 この人にお願いすれば、どんなことでも真剣に取り組んでもらえる、
 この人にお願いすれば、自分や仲間を大切にしてくれる。

 そう思ってもらえて初めて、プロとして誰かに「選ばれる」という土俵に立てるのだと思います。


 それなのに、日々の何気ない行動の中に、「計算高さ」や「自分さえよければ」の精神が
 垣間見えては、なかなか周囲からの信頼を得ることは難しく、そもそも自分の大枠の行動戦略
 を実行することもできなくなるのです。



 だから、私たちが周囲とうまく関係を保ちながら自分自身を成長させていくためには、
 「計算高さ」と「誠実さ」をバランスよく持ち合わせる・・・

 つまり、「愛とソロバン」の両方を持ちながら行動していくことが、とても大切なのだと
 思っています。



今週のささやき

 ちなみに、先日の交流会で出たもう一つのテーマ「女性は慎ましくないといけないのか」と
 いうのは、女性に限らず、誰かと一緒に仕事をするとき、いつでも相手を立てて、自分の意見
 はあまり言わないほうが良いのか、という内容でした。


 たとえばお客さんの前に出たとき、同じチームメンバーが話をしていたら、自分は口を挟まず、
 とにかくそのメンバーを立てたほうが良いのか、もしくは、自分も少しでも発言しようと、
 貪欲に発言チャンスを窺った方が良いのか・・・、ということでした。


 女性ならではの意見も出て、とても面白い議論でした。

 「女性は慎ましくないといけないのか」・・・どう思いますか?


                                              (今週の文責:藤島)
スポンサーサイト

テーマ:ビジネスブログ - ジャンル:ビジネス

【2007/03/30 21:17】 | ■個人の進化・成長に向けて | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<女性の本質的活用…在宅勤務について考える        | ホーム | 「対話の場作り」に大切なこと>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://consultant2.blog68.fc2.com/tb.php/43-fafa547a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。