>> このブログに込めた想い

当ブログと連動したメールマガジンを、毎週1回配信しています。ぜひご登録ください!

  
powered by まぐまぐトップページへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
これからのセルフ・マネジメント
★成果主義のキーワード「セルフ・マネジメント」★

 成果主義が各企業で導入されると同時に、人事や人材マネジメントの世界では、「セルフ・
 マネジメント型人材」というキーワードが多く聞かれるようになりました。


 セルフ・マネジメント型人材とは、

  各場面や状況で、「自分が何を行い、どういう成果を出すべきか」ということについて、
  自分自身で考え、判断して、自分自身で行動できる人のこと

 と、私は理解しています。

 「自律型人材」と表現している書籍や企業も多いですね。


 このような人材が必要とされた背景には、それまでは「全員同じ」の処遇がなされ、
 「横並び」の運営がされてきた各企業の人材マネジメントに限界が見えてきたという、
 大きな要因があります。


 顧客のニーズが高度化・複雑化している中、いままでのやり方だけでは他社との差別化が
 困難になり、より付加価値の高い仕事・サービスを作り上げることが重要になってきたのです。

 そしてそのためには、社員一人ひとりが知恵を絞り、「新しいやり方」「より高度なやり方」
 を考えていく必要性が高くなってきたのです。


 それまで、会社のやり方を徹底的に刷り込まれ、いままでのやり方を踏襲することが善しと
 されてきたのに・・・。と、大きく価値観の転換を迫られ、一時的に混乱をきたした会社や
 社員の方々も多いかもしれません。



 しかし、この「セルフ・マネジメント」という概念も、成果主義の考え方が各社に浸透
 してきた今、既に世の中の常識となりつつあります。

 そして、「セルフ・マネジメントが重要だ」という意見に対し、戸惑ったり、反論をする人は、
 ほとんどいなくなっているように思います。


 ただ、私たちに求められる「セルフ・マネジメント」のあり方が、最近少し、変わってきて
 いるように、私は感じています。




★ポスト成果主義のキーワード★

 このブログでも、何度もお話してきましたが、今、会社と個人の関係は大きく変わり
 始めています。

 現代は「個の時代」といわれています。個々人が、自分らしい人生、自分らしい生活を求めて、
 自分らしい仕事の選び方を模索しています。


 そんな中、以前は「指示待ち人材」が多いことが問題視されていた日本企業の中で、今は、
 「指示を聞かない人材」が増えつつあることに、頭を悩ませているマネージャーが増えて
 きているように思います。


 先日、ある会社の方が、

 「今うちの会社は、女性はもちろん、契約社員や時短の社員、アルバイトなど、ダイバーシティ
  の最先端といえるくらい多様な人が働いている。
  そんな中で、マネージャーが組織を統率し、目標に向けて頑張ることはとても難しい状況
  になっている。

  でも、会社としてビジネスを行っている限り、組織のベクトルを合わせるのはどうしても
  必要で、それをマネージャーがリードしていかなくてはならない!たとえ難しくても・・・」

 とおっしゃっていました。

 全くその通りだと思います。いくら「個の時代」「多様化の時代」といっても、組織を構成する
 メンバー一人ひとりを完全に野放しにするわけにはいきません。


 そのような状況の中で、とても大切になってきているキーワードがあります。

 それは、「関係」です。



★新しい「セルフ・マネジメント」のあり方とは★

 これまでの成果主義では、できるだけ「個の力を発揮する」「個の力を伸ばす」ことを重視して、
 「自律」とか「セルフ・マネジメント」というキーワードが使われることが多かったように
 思います。


 でもこれからは、上にも書いたように、「個」であることを大切にすると同時に、一人ひとりが
 周囲の人との「関係」を常に考えて行動しないと、組織が一体となることは難しくなってきます。


 人材の多様化が進む中、自分が考えることや望むことを明確にし、大切にすると同時に、

 「自分の周りにいるそれぞれの人の状況や立場を理解し、『相手と自分の関係』を
  しっかり意識すること」

 そして、

 「周囲との関係の中で、自分がどのような役割を担い、どのような行動をとっていくべきか
  を考えていくこと」

 が、とても大切になってくるのです。


 今までもこれからも、私たち一人ひとりが、自分の役割や責任を正しく認識し、自分で考えて
 自ら行動していくことが必要であることは、言うまでもありません。


 でも、それに加えて、常に周囲との関係や役割分担のあり方を視野に入れ、チームの中の自分の
 位置づけを明確に意識して行動していくことが、これからはもっともっと求められてくるのです。

 

 これからの「セルフ・マネジメント型人材」とは、決して「個の力を発揮する」ことだけに注力
 するのでなく、周囲との関係を常に意識してチーム全体の力を最大化するためにはどう振舞うべきか、
 を考えられる人材だと思います。



今週のささやき

 前回のテーマは「感謝」、今回のテーマは「関係」。

 やはり、人と人とのつながりというのが、これからはとっても大切なんだな、というのを、
 私も書きながら自分で実感しました。

 2007年は、「人とのつながり」をキーワードに、いろんなことに取り組んでいきたいと
 思っています。

                                          (今週の文責:藤島)
スポンサーサイト

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

【2006/12/30 19:07】 | ■個人の進化・成長に向けて | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ホワイトカラー・エグゼンプション | ホーム | 仕事は誰のものか・・・?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://consultant2.blog68.fc2.com/tb.php/31-e966b010
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。