>> このブログに込めた想い

当ブログと連動したメールマガジンを、毎週1回配信しています。ぜひご登録ください!

  
powered by まぐまぐトップページへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ポジティブ・サイドを見る
★人材マネジメントの原則★

人材マネジメントや人材育成においてはよく、「人の良い面を見つけることが大切」だと
言われます。

これは、

 「本人の良い面や強みを見極めて人材の最適な配置・活用を行う」

ことや、

 「良い面を見つけて評価・認知することで、本人を動機付ける」

ことが重要だということです。


実際に私たちも、企業の方々とお会いし、お話を伺う際にはまず、その企業や社員の良い点
や強みを確認します。
そして、その強みを大切にし、今後も活かしていくためには何が必要か、という観点から、
人事制度やその他の施策を考えていきます。

人の「良い面を見る」ということは、人材マネジメントや人材育成における基本原則の一つ
なのです。



この「良い面を見る」ということは、人に対する場合だけでなく、身の回りの物や出来事に
関しても同じように大切です。


周囲のメンバーや上司に何かを言われたとき、新しい提案を受けたとき、何か新しい仕事を
割り当てられたとき・・・。

どんなときでも、自分が全てに大満足するような出来事や物事に遭遇することなど、非常に稀です。

逆に、「ちょっと面倒だな」とか、「問題がたくさんあるな」とか、ネガティブな側面が
目につくことのほうが多いかもしれません。


そのときに大切なのが、良くない点を指摘したいのをグッとこらえて、「物事の良い側面
(ポジティブ・サイド)を見る」ということです。


★ポジティブ・サイドを積極的に活かす★

たとえばあるメンバーが、会議で新しい提案をしたとしましょう。
そしてその提案が、あなたの目から見て、あまり良いものに聞こえなかったとしましょう。

そんなとき、どういう対応をとりますか?


よく起こりがちなのは、「あそこが良くない」「ここが不十分」と、その提案の不備ばかり
を指摘してしまうことです。


少し想像してみてください。そのような状況のとき、頭の中では、どのような思考が働いて
いるでしょうか?

おそらく、「この提案がいかに良くないかを知らしめよう」とか、「鋭い意見をして、自分
が頭の良いところを見せよう」とか、あまり前向きではない思考が働いているのではないかと
思います。


せっかくみんなが集まって時間を使っているのに、そして、せっかくメンバーが新しい提案を
してくれているのに、とても勿体ないことです。


どんなものにも完璧なものは無いのと同じように、どんなものにも、一つも「良い点」が無い、
ということも非常に稀です。
どんなものにも、必ず一つは「良い点」があるのではないかと思います。


同じ時間を使うのであれば、できるだけ「良い点」に目をむけ、それを活かすためにはどう
すれば良いか、に頭を使ったほうが建設的です。


その「良い点」を活かし、

  ・この提案を成功させるには今後どうしていくべきか
  ・この「良い点」を、今後の本人の育成にどう活かすべきか
  ・自分の今後の成長のために、何か参考にできることはないか

などと考えていくと、一つの提案から、とても多くのことを得ることができるのです。



★ポジティブ・サイドを見つけるコツ★

とは言っても、いざ実行しようとすると、「良い面を見つける」ということはなかなか難しい
ことだと感じる人も多いようです。

実際に、「どうやったら、そんなに一人ひとりの良い面を見つけることができるのですか?」
などという質問を受けることもあります。


良い点を見つける第一のコツは、「良い面を見よう」と真剣に思うことです。
この気持ちがないと、いくら頑張っても見つけることは出来ません。


そしてもう一つ大切なことは、物事を「切り分けて見る」ということです。

先ほどの提案の例にしても、提案の「内容」と「プレゼンテーション」に切り分けたとき、
どこかに良い点がないか。

そもそも、この問題を議論の俎上に載せたこと自体、この提案の良い点なのではないか。。。。


また、「内容」に関しても、当初の課題設定と問題解決の思考プロセス、解決策のアウトプット、
と切り分けたとき、どこが良くて、どこが良くないのか。


などと、いくつかに切り分けて見てみると、どこかに良い面が見えてくると思います。


「なんとなく」とか「全体的に」といった、漠然としたものの見方をしていると、何かちょっと
したきっかけで、全てが良い、全てが悪いという極端な判断をしがちです。

でも、自分の中でいくつかの軸を持っておき、常に切り分けて物事を観察してみると、必ず
一つは良い面が見え、自分にとっても勉強になる点が、必ず一つは見つかると思います。

そして、「良い面」が見えれば、自然と、それを活かす方向に頭は動いていくものです。


どんなときでも、ポジティブ・サイドを見るように、気持ちと思考を癖づける・・・それは、
自分自身が効率よく成長していくために、とても有効な手段なのではないかと思います。



今週のささやき

ポジティブ・サイドを見る・・・最近は、私自身も少し意識して取り組んでいます。

本文で、ポジティブ・サイドを見つけるコツをお話しましたが、もう一つ大切なことは、
「自分自身に余裕があること」かな、と思っています。

自分に自信が無く、焦りや不安があっては、素直に他人の良いところを認めることもできない
ですから。。。

以前ある記事( http://pro-blog.indipros.com/?eid=147243 )にも書いたのですが、どんなとき
でも謙虚になり、心に余裕を持つこと。これが一番大切なのかもしれません。


                                                       (今週の文責:藤島)

スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

【2006/12/02 10:45】 | ■個人の進化・成長に向けて | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<後進を育て、自らが育つ | ホーム | 変革に必要なチームワーク>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://consultant2.blog68.fc2.com/tb.php/27-815a482a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。