>> このブログに込めた想い

当ブログと連動したメールマガジンを、毎週1回配信しています。ぜひご登録ください!

  
powered by まぐまぐトップページへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
変革に必要なチームワーク
★コンサルティングの限界★

 コンサルタントとしての私の実感として、最近は、以前よりもさらに、コンサルタント
に対して、より具体的なアウトプット、より即効性の高い提案が求められている気がします。


 その理由は様々考えられますが、「コンセプト」や「ビジョン」、その他の概念的な理論は、
もういろんな場で語りつくされていて、既に企業社会の常識として認識されつつあることが、
大きな要因だと思います。

 「論理的にはわかったけど、実際の現場では、具体的にどうすればいいの?」というのが、
現場の悩みとなっているようです。



 私たちコンサルタントも、その悩みや要望にこたえるべく、以前にもまして会社の中、
現場の中に入り込んで、制度の運用やマネジメントの細かいフォローを行うことが多くなって
います。



 でもときには、「これ以上、細かいフォローを行っても、高い効果を出すことが難しそう
だな・・・」と感じることもあります。

 そんなとき、何が問題になっていると思いますか・・・?



 それは、『変革を進めていくためのチームワークができていない』ということが、大きな
障害となっているのです。



★変革の3大プレイヤー★

 変革に限らず、何かをを進めていくうえでは常に、大きな3つのグループが存在します。

 その3つのグループとは、

  1.プランを描く人たち
  2.それを主体的に動かす人たち
  3.それを享受する人たち


 私たちが関わることの多い人事制度構築で言うと、

  1.が 経営者、人事(+コンサルタント)
  2.が 現場マネージャー(+経営者、人事)
  3.が 社員全員。

 ということになります。


 その他、何かのサービスをクライアントに提供する場合でいうと、

  1.がサービス開発やマーケティング
  2.が営業
  3.が顧客とカスタマーサポート

 ということになるかもしれません。



 いくら良い製品を作り、それを買っていただいたとしても、お客様が正しい使い方をして
くれないと、その効果は半減してしまいますよね。


 それと同じように、いくら良い制度やプランを作っても、それを動かす人、それを享受する
人たちが、その効果を最大化する方向にココロとカラダを動かさない限り、何を作っても、
絵で書いた餅になってしまうのです。



★変革に必要な「チームワーク」とは★

 私たちは、何か問題が起こったときや、当初のプランがうまくいかなかったとき、どうしても
「誰かのせい」にしがちです。

 特に、会社の戦略や制度に関しては、トップの層は「現場が悪い」、現場では「トップの
プランニングが悪い」と、相互批判が起こりがちです。


 でも、上でお話したように、そのプランや変革に関わるそれぞれの人たちが、それぞれの立場
で必要な思考・行動をとらない限り、どんなことも、最大の効果を得ることは難しいと思います。


 1.のグループも、2、3.のグループも、最終的に目指すところは同じはずです。

 人事制度で言えば、制度を通して人と会社が成長し、適切な人が適切に評価され、全体でHAPPY
になる組織をつくることです。



 そのために、1.のグループは、2.3.の人が理解しやすく、納得しやすいプランニング
を行わなくてはいけません。
 自分たちの考えを押し付けるだけでなく、2.3.の方々の意見にも、十分耳を傾けることが
大切です。


 2.のグループは、自ら主体的にプランを実行し、現場に落としていけるよう、プランの
内容や意図を自分の中で咀嚼し、自分のものにしなくてはいけません。

 プランに問題がある場合には、そもそもの目的達成のためには何を修正すべきか、建設的な
議論を行う必要があります。


 3.のグループは、そのプランの思想や目的を理解して自分の問題に置き換え、最大限活用
していこうと、ポジティブな姿勢を持たなくてはいけません。

 問題がある場合には、その全てを否定するのではなく、何がどう問題なのかを、具体的に
フィードバックすることが望まれます。



 これらが、変革を進めていく上での「役割分担」であり、「変革のためのチームワーク」
なのではないかと思います。



 何かを進める際のチームワークというと、ついつい自分と同じ立場の人たちとの連携・協力
だけを意識しがちです。

 でも実は、自分と違う立場にいる人たちとのチームワークを築いていくことこそ、何かを
成し遂げる上では、とても大切なのではないかと思います。



★最後に★

 最近は毎日、新聞やテレビで教育現場の問題が報道されています。

 そこではまさに、教育委員会と学校、保護者という3つのプレイヤーがそれぞれバラバラの
方向を向き、コミュニケーションすらまともにとれない状況になっていることが見て取れます。


 何が問題だったのかを突き止めることも大切だと思います。

 でも、今一番必要とされているのは、上記3者が、他の人との関係の中で自分自身の役割を
見直し、教育変革のためのチームワークをつくっていくことなのではないかと感じています。



 また、教育の場だけでなく、それぞれの会社においても、今一番必要なチームワークは何
なのか、ということについて、より大きな視点で捉え直してみていただきたいと思います。



                                              (今週の文責:藤島)

スポンサーサイト

テーマ:企業経営 - ジャンル:ビジネス

【2006/11/24 22:39】 | ■魅力ある会社を目指して | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ポジティブ・サイドを見る | ホーム | 自らに実行を促す>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://consultant2.blog68.fc2.com/tb.php/26-dc88cb9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。