>> このブログに込めた想い

当ブログと連動したメールマガジンを、毎週1回配信しています。ぜひご登録ください!

  
powered by まぐまぐトップページへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
【人材の育成に本当に必要なこと】
 私たちは普段、「組織・人材マネジメントのコンサルタント」として活動しています。

 つまり、「ヒト」や「組織」に関するプロです。
 もちろん、「人材育成」に関しても、それなりの知識と、ノウハウと、自分なりのポリシー
をそれぞれが持ちながら、日々の仕事を行っています。

 私たちの身の回りで活動するコンサルタントだけでなく、世の中で「人事系」と呼ばれる
コンサルタントの方々は、皆さん同じなのではないかと思います。


 そんな「ヒト」に関するプロであるコンサルタントたちですが、必ずしも全員が、うまく人
を育てられるわけではないという話を、よく聞きます。

 みんな、「人材育成」について語らせれば、1時間でも2時間でも、中には丸一日でも喋り続
けられる人たちばかりなのに・・・。

 なぜなのでしょうか・・・?



●本当の「人材育成のプロ」とは?

 以前、この場でもお話したような気がしますが、私は、本物のプロの要件を、

   「高度な知識・スキル(専門性)」
           +「プロとしての気持ち(マインドセット)」
 
 と定義しています。

 ハードな部分とソフトな部分のセットがあって初めて、本物のプロなのです。


 これは、「人材育成」という個別のテーマについてみても、同じなのではないかと思います。

 人材育成に必要なこと・・・。それは、人材育成に関する知識やノウハウだけでなく、
「本当に育ってほしいという想い」が同時に重要なのです。



 最近は、個人の「働く」ということに関する価値観が変わってきていて、終身雇用を前提に
会社に入社する若者は少なくなってきています。

 その流れと歩調を合わせるかのように、会社側も即戦力を求め、入社早々に高いパフォーマ
ンスを期待し、それにそぐわなかったら、すぐに「チェンジ」してしまうような、ドライな
マネジメントをする組織も多くなっていると聞きます。


 しかし、人が育つということは、一朝一夕でできることではありません。

 ある程度、長い目で見て、じっくり付き合っていくことが必要です。その際に大切なのは
やはり、「育ってほしい」という「想い」だと思うのです。


 冒頭の「人事系コンサルタント」の問題も、結局、知識やスキルといった、ハードの面だけ
で仕事をしているコンサルタントと、しっかりと「想い」を持って仕事をしているコンサルタ
ントとの違いなのではないかと思います。



●なぜ「想い」が大事なのか

 「想い」があれば、それだけで人が育てられるかというと、そういうことではありません。

 「想い」があることで、相手に対する接し方変わってきます。その「行動」が大切なのです。


 相手を育成の対象でなく、単なる一人のプレイヤーとしてしか見ていなければ、一緒に仕事
をするときも、「何をやってもらうか(何をやらせるか)」という発想だけで役割分担をして
しまいます。

 だから、思うようなパフォーマンスが出なかったとき、

 「やってもらいたいことがやってもらえなかったからダメ」

 という評価になってしまいます。


 でも、「育ってほしい」という想いを持っていると、「何をやってもらうか」に加え、
「自分は相手に何をすべきか」もセットで考えるようになります。


 そうすると、最初はなかなか思うようなパフォーマンスが出なくても、全てを相手の責任
と言うことはできません。
 ましてや、すぐに「チェンジ」ということは、とてもできなくなります。


 「自分はやるべきことをやったのか」という、自分の問題も含め、何が問題だったのかを
反省するようになるのです。



 私はまだ子供がいないので、よくわからない部分もありますが、おそらく、子供を持つ親と
同じような感覚なのではないかと思います。

 どんな親でも、子供がシッカリ育つまで、ときに自分自身を反省しながら、じっくりじっくり
と子供と向き合っていると思います。
(少なくとも、私の両親はそうだったような気がします。)

 最初はなかなかうまく育ってくれなくても、本当に「育ってほしい」という思いを持って、
じっくりと取り組んでいくことが大切だと思います。
 


●「育ってほしいという想い」とは?

 以前は、会社のやり方・スタイルというのが絶対的で、全員がそのスタイルを身に着けるべく、
画一的な人材育成が多く行われていたように思います。

 でも、今は多様化の時代です。

 上司や会社の一存で、一つの型に押し付けようとすると、そこに明確な理由がない限り、
若者はついてきません。
 というより、そもそもビジネスの世界での戦い方が多様化している中で、人材のタイプや
動き方を画一的に規定する必要は全くありません。


 「育ってほしいという想い」というのは、そういう形式的なことではなく、「自分の仲間に
なってほしい」と本気で想う、ということだと思います。

 つまり、自分が「本当に一緒に働きたい」と思う人に、早くなってほしい、と思うという
ことです。


 自分がどのような人と一緒に働きたいか、じっくり考えてみてください。

 ポイントは、このメルマガ創刊当初からお話してきた、「本質」や「価値観」だと思います。
 (⇒ http://consultant2.blog68.fc2.com/blog-date-20060622.html )


 文章の書き方や仕事の進め方、資料の作り方など、そいう表面的なことではなく、自分たち
の仲間に迎え入れるためには外せない何かがあるはずです。

 たとえば、前回のテーマであった「顧客志向」とか、「常に自分で考えて行動すること」
とか、「仕事で手を抜かないこと」とか、そういうことです。


 そのポイントさえ外さなければ、最初のうちは、多少アウトプットに問題があったとしても、
大目に見ることができます。


 まずは育成する側自身が、部下や後輩に何を理解してもらい、まず先に何を身に着けてほしい
のかを明確にする必要があります。

 そして、瑣末なことにはこだわらず、本質を重視して接していく・・・。
 それが、「人を育てる」ということにおいては、とても重要なのではないかと思います。



今週のささやき

 私自身もそうですが、もし、今部下や後輩と一緒に働いている方がいらしたら、ぜひ一度、
人材育成に対するご自身のスタンスを振り返ってみてはいかがでしょうか。


 ・自分は本当に、「育ってほしい」という思いを持って部下や後輩に接しているだろう
  か・・・

 ・自分の「仲間」になってもらうためには何が必要か、ということを明確にし、相手に
  しっかり伝え切れているだろうか・・・

 ・早く「仲間」になってもらうために、「自分は何をすべきか」を考え、自分の問題と
  して捉えているだろうか・・・


 仕事をしていると、本当にいろいろな問題に突き当たりますが、その原因や要因は、自分の
中にあることも多いんですね。

                                (今週の文責:藤島)

==========================================

 ★当たり前ですが、人材を育成していくためには、「想い」だけでなく、採用、研修、人事
  制度など、仕組みや仕掛けを効果的に行うこともとても重要です。

  私たちでお力になれることがあれば、いつでもご連絡ください。 こちらへ!


  One-mailコンサルティング(無料)をご希望の方はこちらへ!



 ★ちなみに、今回このテーマについて書こうと思ったきっかけは、ある後輩君の成長振りを
  見てきたからでした。

  そのことについて書いた私の個人ブログはこちらです。よろしければご覧ください
                ⇒ ブログ Professional WOMAN
スポンサーサイト


テーマ:企業経営 - ジャンル:ビジネス

【2006/08/25 19:32】 | ■魅力ある会社を目指して | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【言葉にしてみる】 | ホーム | 【顧客志向…付加価値を考える】>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://consultant2.blog68.fc2.com/tb.php/13-7de5704d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。