>> このブログに込めた想い

当ブログと連動したメールマガジンを、毎週1回配信しています。ぜひご登録ください!

  
powered by まぐまぐトップページへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「いざというとき」にどうするか

★あるべき“プロフェッショナル像”を考えてみて・・・★

先日、ある方とお話ししていた際、私自身(インディプロス)の
今後の展望は?という話になりました。


しばらく色々と考えたのですが、私が至った結論は、一言で言うと、

「会社自体はメンバーが少し増えるかもしれないけれど、今後もずっと
 “プロフェッショナルなコンサルタント集団”であり続けたい」

ということでした。


では、“プロフェッショナルなコンサルタント”とは・・・?

話は当然、私の考えるプロフェッショナル像とは、という方向へと
進んでいきました。


私が前職のころから叩き込まれ、自分自身も思い描いていた
プロフェッショナルなコンサルタント像というのは、

「クライアントの抱える一番根っこの問題にリーチする解を出せる
 コンサルタントであること」

でした。


表面的な問題に対症的に対応していくのではなく、表面には現れていない
かもしれない根本的な問題を解決できるようなコンサルタントである、
ということです。



それをその通りお話しようと思ったのですが、そのとき一瞬、
私の口が止まりました。


コンサルタントも人間なら、クライアントも生身のヒトや組織です。

実際のところ、そんなにスマートに解を出せるような案件ばかりでは
ないからです。


結局そのとき、私の口からでた言葉は、

「クライアントの抱える一番根っこの問題にリーチする解を出せるまで、
 徹底的に、粘り強くクライアントと向き合うコンサルタントであること」

でした。


もちろん、一発で本質的な解が出せないコンサルタントはプロではない、
という考え方もあると思います。

でも少なくとも、私のこれまでの経験や普段のスタイルから考えると、
もっと泥臭い、上記のような表現が、私の根底に流れている考え方に
一番近いな、と、そう感じたのです。



上記のような会話を終えて以降、私自身の気持ちや仕事に対する考え方
が、随分スッキリしたような気がしています。

自分自身が普段、何にこだわって、どのようなスタイルで仕事をしている
のかが、自分の中で以前にもまして明確になったからです。





★本質は「いざというとき」に現れる★

上記の話から言えること・・・。

それは、自分達のあるべき姿やスタイル、ベースにある価値観という
のは、「いざというとき」に一番明確になる、ということです。

上記の例でいえば、「一発で本質的な解が出せない」ときに
どうするか、です。



最近は多くの会社で、会社として大切にしている価値観(バリュー)や
行動規範(ウェイ)を議論し、浸透させていく取り組みがなされている
ことと思います。


たとえば食品関係の会社であれば、「安心・安全へのこだわり」とか、

サービス業であれば、「顧客の期待を超えるサービスの実現」とか、

住宅・インテリア関連であれば、「新たなライフスタイルの提案」とか。


それぞれの業種・業態、あるいは個々の会社によって、掲げられている
バリューやウェイは様々です。

そして、それらを象徴するような取り組み、伝説となっている社員の
行動等が社内で共有され、語り継がれていることと思います。



でも、それらが本当に社内に浸透し、社員一人ひとりに「腹落ち」して
いるかというと、必ずしもそうではないと思います。

その理由は、普段現場で様々な出来事に遭遇している社員からして
みると、

「そんな綺麗ごとでは済まない」とか、「理想と現実は大きく違う」と
感じることが多いからです。



たとえば、「顧客の期待を超える」という考えのもとに行動しているが、
実際には数字のプレッシャーも強く、本当にお客様のためになるサービス
を提供することは、なかなか難しい。

とか、

安全第一で食品を販売しているが、コストとの兼ね合いで、安全基準が
やや低い業者と取引せざるを得ない状況になりそうだ。


など、対応に困ってしまうような問題や事象が、実際の仕事の現場では
日常的に発生しています。



でも、そういう「いざというとき」にとるべき行動は、意外と会社の
価値規範、行動規範には記述されていないものです。


だから、現場の社員からしてみると、「言っていることはわかるけど、
実際にはどう実現すればよいかわからない」ということになり、

せっかく設定したバリューもウェイも、机上の空論と化してしまうの
です。



★バリューやウェイを浸透させるために必要なこと★

ここ数年は、様々な会社の不祥事が取り沙汰されることが多いですね。

そのような会社の中には、「社員第一の経営」という理念を掲げながら、
いざ問題が発生したら、経営者自ら、全てを「社員のせい」にして
しまった会社もあるのではないかと思います。


そういうことを考えても、会社の本質というのは、「いざというとき」
に明らかになるものだと思います。


ですから、会社の価値観や行動規範等を社内に徹底したいと思ったら、
「あるべき姿」の美しい姿や伝説ばかりを強調するのではなく、

理想が通用しなかったとき、規範に反するような事態が発生したときに
どうするか、という、「いざというとき」の行動を社員で共有しておく
必要があるのではないかと思います。



実際に、ビジョン浸透、価値観浸透のための研修を行うときに、

「自分たちの価値観と会社の利害がコンフリクトを起こしたときに
 どういう判断をするか」

といった、「いざというとき」のケースを想定して、参加者同士で
徹底的に対応方法を議論する、といったワークを行っている会社も
あるようです。



「いざというとき」というのは、あまり考えたくないことではあります
が、あるべき論や理想論だけでなく、現場の現実としっかり向き合って
いくことが、バリューやウェイを浸透させる上では、一番重要なのでは
ないか・・・

自分の経験を通して、改めてそう思いました。



今週のささやき

一流のスポーツ選手の話を聞いたり、読んだりしていると、いつもその
プロフェッショナル・マインドに感動します。

今回のオリンピックを見ていても、どの選手にも大きな挫折や苦悩は
必ずあって、それを強靭なマインドで乗り越えた人だけが一流の選手に
なるんだなぁ、ということがよくわかります。


それこそ、ケガやスランプなどの「いざというとき」にどう乗り越えるか
ということなのかもしれません。


彼らの状況の重大さやプレッシャーの大きさと比べたら、私たちの
抱えている問題は本当に小さなものではありますが、それでも、
だからこそ、いざというときにはプロとしての対応をしたいものですね。


                               (今週の文責:藤島)

スポンサーサイト
【2008/08/26 15:03】 | ■魅力ある会社を目指して | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<メンター制度の活かし方 | ホーム | 第100号記念オフ会 申し込み締め切りのお知らせ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://consultant2.blog68.fc2.com/tb.php/114-c2010b61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。