>> このブログに込めた想い

当ブログと連動したメールマガジンを、毎週1回配信しています。ぜひご登録ください!

  
powered by まぐまぐトップページへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
今の職場を楽しむ方法
★嬉しい変化★

最近、研修やコンサルティングなどで多くの会社の社員の方々と接して
いますが、タイミングを同じくして、複数の企業で、全く同じような
現象と出会いました。


それは、ファシリテーターとして参画させていただいた研修や
ワークショップの参加者の、職場でのモチベーションやリーダーシップ
の変化です。



研修などの公式の場で全員が顔を合わせ、議論を交わした時間という
のは、半日~最大でも数日という、わずかな時間です。

にもかかわらず、その後のメールでのコミュニケーションが活発に
なったり、自発的なミーティングや飲み会が開催されるようになったり
して、職場の雰囲気が大きく変わったといいます。


そして、日々の業務上の問題解決や職場の環境改善のために、
自分たちが率先して考え、リーダーシップを発揮しようという動きに
どんどん進化していったのです。



更に、そのような動きを始めたメンバーの方々の表情を見ると、
最初にお会いしたときよりも、とても晴れ晴れと明るい表情をされて
いる方が多いのが印象的です。


「ああ、仕事がますます楽しくなっているんだなぁ」

というのが一目でわかるような、そんな表情です。





★変化をもたらした要因とは・・・?★

そんな効果をもたらすほど、素晴らしいノウハウがあるのか!
というと、そうでもありません。

ファシリテートしている私の立場からいうと、ほんのちょっとの
キッカケと議論の題材、議論の場を提供しているだけです。


その場を参加者がうまく利用して、自分たちで気づきを得、
自分たちで知らないうちにモチベーションを高め、自分たちで自然に
行動を起こす・・・。

そんな現象へと発展しているのです。



では、その「ほんのちょっとのキッカケや場」というのはどういう
ものかというと、

「問題意思を共有できる仲間の存在」と、
「自分たち自身の囚われへの気づき」

という2つの要素が含まれているという、それだけです。


 ◆問題意識を共有できる仲間の存在

  いつも、現在自分たちが感じている問題、課題を共有し、お互い
  の意見や経験談を持ち寄りながら意見交換をする場をじっくり
  設けています。

  普段は忙しく、どうしても目の前の仕事に関する会話ばかりに
  なってしまいますが、あえてこのような場を設けることで、
  少し日常から離れた、本質的な議論が可能になります。

  それによって深いコミュニケーションが促進され、知らず知らず
  のうちに、「同志」という意識が芽生えるようです。


 ◆自分たち自身の囚われへの気づき

  ここは少しノウハウの部分があるのですが、上記のような議論と
  同時に、日常の自分たちとは違う視点で現状の組織や業務を俯瞰し、
  自分たちの置かれている状況を客観的に見直してみます。

  会社の視点で見るとどうなのか、上司や同僚の気持ちになってみる
  とどうなのか、など、様々な視点で物事を見直します。


  すると、今まで会社が問題だ、上司が問題だ、と言っていたことの
  多くは、自分たちでも解決できることだったのだ、ということに
  気がつきます。

  その気づきさえ得られれば、自然とその後の自発的なアクションに
  つながるようです。


他にもいろいろと細かい仕掛けはあるのですが、大きくは上記の2つの
要素さえ整っていることが重要なようです。



★気づきの場をコーディネートしてみる★

上記のような場を、私は研修やワークショップという手法によって、
少し効果的・効率的に実現するお手伝いをしているわけですが、

これらは決して、そのような手法を用いなくては実現できないことでは
ないと思っています。


自ら仲間を集め、自分たちの感じている問題意識は本当に適切なのか、
自分自身の視点に囚われて、視野が狭くなっているのではないか、

ということに気をつけて客観的に自分たちを見直せば、自分自身で
気づけることも沢山あります。



また、上司がコーディネーターとなって、部下に対してこのような
場を提供するのも効果的です。

議論の題材は日常業務や身近な職場の中にちりばめられているので、
特別な知識を仕入れる必要もありません。


大事なのは、「仲間づくり」と「囚われの排除」。


そんなシンプルな状況が整うだけで、自ら「今の仕事や立場を楽しもう」
という意識が芽生えてくるのです。



「今の職場がつまらないな」、「メンバーが楽しそうじゃないな」と
感じたら、このような場をコーディネートしてみてはいかがでしょうか。


新たな気づきが得られれば、仕事は楽しくなっていくものです!



今週のささやき

 この「女性コンサルタントの二人言」も、気づけば今回は第99号。
 次回は記念すべき100号になります!

 創刊から丸2年、ずっと続けて読んでくださっている方も、そして、
 最近見つけて読み始めてくださった方も、本当にどうもありがとう
 ございます。


 これからも、日々の活動の中で学んだこと、気づいたことなどを
 記録し、共有していけたら・・・と思っていますので、
 どうぞよろしくお願いいたします!


                           (今週の文責:藤島)



スポンサーサイト
【2008/06/26 13:42】 | ■個人の進化・成長に向けて | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<組織・人材マネジメントの整合性 | ホーム | 社員の変革意識をプロデュースする>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://consultant2.blog68.fc2.com/tb.php/105-da3aa5ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。