>> このブログに込めた想い

当ブログと連動したメールマガジンを、毎週1回配信しています。ぜひご登録ください!

  
powered by まぐまぐトップページへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
【「今の自分」を極める】
●「プランニング」の必要性

 最近、いくつかの場で、キャリアに関するセミナーを行ったり、コンサルティングを行った
りしています。

 そこでは、みっちり、たっぷり、「自分らしいキャリア」を築いていくために必要な思考法
や行動についてお話しています。


 たとえば・・・

  ・目指す姿をできるだけ鮮明に描いてみること
  ・できるだけ具体的にアクションプランを描くこと
  ・自分自身の強み・弱みを正しく認識すること
  ・目標に向けて、着実に学び、成長する姿勢をもつこと
  ・運をつかむために、自分から「仕掛ける」こと・・・


 これらは、自分の目指す将来像を実現していく上で、本当にどれもとても重要なことです。
いわゆる「自分戦略を描く」ということです。


 何をする上でも、「仮説-実施-検証」のサイクルを回していくことが大切であるように、
自分のキャリアについても、まずはしっかりプランを描き、それに基づいてしっかり行動する
ということが、とても大切なのです。


 ・・・といいながら、この考え方は、少し上級編の考え方でもあります。


 実はその前に、自分自身がしっかり成長し、望む姿に近づいていくためには、どうしてもや
らなくてはならない基本事項があるのです。

 それが、「『今の自分』を極める」ということです。



●プロの第一歩は「今の自分」を極めること

 いくら先々のことを考えていても、今の自分がしっかりしていなければ、砂上の楼閣です。

 足元がおぼつかないまま前に進んでいても、自分の目指す将来像に向けて、着実に成長を遂
げることはできません。
 いつも心に不安や不満が募り、自分自身の能力や進むべき道に、なかなか自信・確信が持て
ないからです。


 ということで、何よりもまず大事なのは、「今の自分」を極めることなのです。


 何かの分野で、本物のプロとして活躍していくためには、知識やスキル、思考法、その他の
ノウハウや経験など、大切なことが沢山あります。

 でも、一番大切なのは、その根底にあるマインドセット(つまり「プロフェッショナリズム」)
が一番大事だと、私は考えています。


 その「プロフェッショナリズム」とは、どのような仕事をしても、どのような環境にいても
常に自分らしい価値を出そうとする気持ち。
 つまり、いつでも変わらない、それこそ自分自身の、プロとしての「本質」のようなもの
です。


 そうだとすると、「今の仕事はつまらないから」とか、「今の仕事は自分に合っていないか
ら・・・」と手を抜いている場合ではありません。

 たとえ今、納得のいかない環境や状況に置かれているとしても、とにかく「今の自分」を極
め、自分なりのプロフェッショナリズムを確立していくことが、本物のプロになるための第一
歩なのです。



●「今の自分」をしっかり分析してみる

 今の自分を極めるためには、まず、「今の自分」がどの程度のプロフェッショナル度を有し
ているか、を正しく把握する必要があります。


 私がセミナーやコンサルティングを行うときには、まず、3C分析の視点で自分を振り返って
みることをお勧めしています。
 これはまさに、今の自分がどれだけのプロフェッショナリズムを備えているかを知る、もっ
とも手軽な方法です。


 実際には、もう少し具体的なチェックポイントをご提示しているのですが、ここでは、さわ
りだけ少しお話してみたいと思います。


  ◇まず大事なのは顧客視点(Customer:顧客)
   どのようなプロフェッショナルでも、まず大事なのが顧客視点です。
   日々真剣勝負を強いられるスポーツ選手でさえ、「ファンに喜んでもらえるように・・・」
   という言葉を口癖のように言っていますよね。

   とにかくどのような状況でも、まず「顧客を第一に」というのが口癖になるくら
   い、顧客視点を自分の中に徹底することが必要です。

   あなたは、どれだけ「顧客のために」仕事をしていますか?


  ◇プロは自分自身を律する(Company:自社=自分)
   2番目は自分自身の視点です。
   自分自身が一番働きやすい環境を整え、心配事をなくし、体も健康に保つ。そういう
   セルフ・ケア、セルフ・マネジメントができてこそ、プロとしての価値を出すことがで
   きます。

   あなたは、自分自身をちゃんとコントロールできていますか?


  ◇自分の市場価値を知る(Competitor:競合=ライバル)
   最後はライバルの視点です。
   自分自身は、実際のところ世の中でどのくらいのレベルなのか。自分のライバルは世の
   中にどのくらいいるのか、といった、自分の立ち位置を客観的に把握することも、プロ
   としてはとても大切です。


 これらは、前々回からお伝えしている「ありのままの自分を知る」、「謙虚になる」という
ことにも通じます。


 まずは今の自分を見つめなおし、「今の自分」を極めるためには何が必要なのか、考えて
みましょう!


今週のささやき                         

 「今の自分を極める」。言われてみれば、普通のことだと思います。

 でも、日ごろの私自身を振り返って考えてみても、これをいつも念頭において行動すること
は、実はとても難しいことだと思います。


 気づけば今の状況や環境に愚痴を言っていたり、少し忙しくなると、ちょっとは手を抜いちゃ
おうかな・・・、と思ってしまったり。


 ただ、「今の自分を極める」ということの大切さを認識し、3C分析などを用いながら、とき
どき自分自身を振り返ってみるだけでも、日ごろの行動に、随分と違いが出てくるのではない
かと思います!


                                               (今週の文責:藤島) 
スポンサーサイト


【2006/07/30 08:59】 | ■個人の進化・成長に向けて | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【わが社ならではの多様性対応】 | ホーム | 【誇り高い組織をつくる】>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://consultant2.blog68.fc2.com/tb.php/10-8d2d2406
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。