>> このブログに込めた想い

当ブログと連動したメールマガジンを、毎週1回配信しています。ぜひご登録ください!

  
powered by まぐまぐトップページへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
創造性を発揮する
★ビジネスにおける創造性とは★

人のレベルを測る指標にはいろいろありますが、特に価値(成果)を生み出すための行動(コンピテンシー)を活用することがしばしばあります。

ワトソンワイアットでは次のようにそのレベルを設定していました。

レベル1: 部分的、断片的なレベル
       ・・・言われたことをやっている
          上司・先輩に報告し、指示を受ける
レベル2: やるべきことをやるべき時にするレベル
       ・・・普通その状況だったら誰でもそうするだろうという
          行動を主体的に行っている
レベル3: 明確な意図・判断に基づくレベル
       ・・・その状況でできる複数のやり方から、状況を判断し、
          最も適切なやり方を選択し改善を加えている
レベル4: 独創的な工夫を加えたレベル
       ・・・成果イメージに基づき、工夫を加え、状況そのもの
          を克服・創造・変革しようとする行動をとっている

 
問題を次々に解決し、確実に成果に結び付けているハイパフォーマーは、このレベル4の人たちです。

ここでのキーワードは、「独創的」「工夫」「創造」「変革」です。
つまり、前例や制約条件にとらわれず、独自の解決方法を自分で考え、実践し、確実に実行していくことです。
 
それには、様々な能力(コンピテンシー)が必要ですが、中でも、「創造性」は不可欠です。

ハイパフォーマーの共通点は、「創造性」だと言っても良いかもしれません。


 

では、「創造性」とはどんなことなのでしょうか?


 
「創造性を持ちましょう」と言うと、新しいものを作ったり、新しいやり方をすることが目的になりがちです。

でも新しくさえあれば良いのでしょうか?
 

そうではなくて、より大きな成果や価値を生み出すために、制約条件や状況にかかわりなく、最善の解を描いたり、実行する・・・これがビジネスの世界のおける「創造性」です。

「新しい」ということ自体に意味があるのではなくて、

 ・ 既存の商品では、競争に勝つことができない
 ・ これまでのやり方や構造では、目的が達成できない
 ・ 過去の延長線上では、現状の問題を解決できない

このような現状に危機感を持って、新しい発想や工夫によりブレークスルーしていくことが、仕事の場における「創造性」の発揮です。




また、仕事における全ての場面で新しい発想や工夫がなくてはいけないわけでもありません。

次にあげる基本的な問題解決の3つのステップのどこかで、「創造性」が発揮されれば、現状をブレークスルーしたり、新しい価値を生み出すことが可能です。

 
 ◆課題の認識・・・発見した問題の新しさ
    誰も気付いていない「問題」や「課題」を、人よりも早く発掘する

 ◆解決策・解決案の策定・・・解の新しさ
   既成概念にとらわれず、新しいサービスや商品、問題の具体的な解決策や
   新たな業務プロセスなど、既存のものとは違う新しい価値を具現化する

 ◆実行の方法・・・手段・方法の新しさ
   目的や問題解決を実現する際に、従来のやり方や前例にとらわれずに、
   独自の工夫をもって実行する



 
このように考えると、ビジネスの世界での「創造性」とは、単なる思い付きや勘ではありません。

(1)明確な意識と、(2)徹底した思考、(3)柔軟な発想 からなるものです。

「創造性」というと生まれ着いてのセンスによるといったイメージがありますが、ビジネスの世界では、ある程度開発可能な能力です。

なぜなら、ビジネスの世界における「創造性」を構成するこれらの要素は、いずれも開発可能だからです。


そこで、この3つの要素について、さらに考えてみたいと思います。

続きを読む

スポンサーサイト
【2008/10/17 14:46】 | ■個人の進化・成長に向けて | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
変革時における管理職層の役割
★変革が日常化した時代★
 
リーマンの経営破綻など、金融危機も深刻になり、ますます先の予測がつかない状況になってきました。
これまで想像もしなかったような急激な変化 が、日々、私たちの周囲で生じています。

特に、業界の構造が根底から崩れたり、顧客の求めるものが目まぐるしく変わったり、働く人の意識や年齢構成なども以前とは全く違ってきたり・・・
会社をとりまく環境変化は、加速するばかりです。



こうした状況の中で、経営者は企業の舵取りをしていかなくてはならず、その悩みは大変なものではないかと推測されます。

先が見えない中で、相反する諸事情を抱えながら、経営者は悩みに悩んで意思決定しています。

そして、一度方向性を決めたら、不安を克服して引っ張っていかなくてはならない。
このようなギャップを全て背負っているのが経営者です。



こうした状況において、経営者を支える次世代のリーダーや、中間管理職の方たちの役割も、以前とは変わってきました。

「管理職」という名称が表しているように、従来の管理職は、組織を「管理」するのが仕事でした。

経営環境が安定していた時代には、業務の進め方、仕事のやり方がある程度決まっていて、管理職は部下が決められたプロセスをきちんと担っているかを管理することが仕事でした。

でも、いま経営者が次世代リーダーや中間管理職に求めるのは、「管理」ではありません。

  
変化の時代に経営者を孤独にさせず、その描いた変革の方向性を組織が実行していくためには、次世代リーダー層や管理職層の果たす役割はとても大きなものです。

では、具体的にどのような役割が期待されているのでしょうか。


続きを読む

【2008/10/07 08:24】 | ■魅力ある会社を目指して | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。