>> このブログに込めた想い

当ブログと連動したメールマガジンを、毎週1回配信しています。ぜひご登録ください!

  
powered by まぐまぐトップページへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ワークライフバランス観
★「ワークライフバランス」の意味★

最近は、企業の方々や官公庁の方々と、「ワークライフバランス」についてお話させていただく機会が増えています。

「ワークライフバランス」という言葉、おそらく10年前には知らない人がほとんどだったと思いますが、今では、社会人であれば大半が、そして学生にすら馴染みの深い言葉になりました。


ワークライフバランスとは、日本では、「女性活用」と同義、又は、時間外労働削減」や「成果主義の見直し」と同義で使われることが多いようです。

 ○世間一般に、メンタルヘルスの問題が深刻化している。
  当社も、問題が悪化する前に、成果主義の厳しさを緩め、
  社員が私生活も楽しめるゆとりある運営をしていこう。

 ○社員の長時間労働と過労の問題が顕在化してきたから、
  なんとか労働時間(拘束時間)を短縮できる方策を
  考えよう

 ○世の中で「女性活用」が騒がれているから、当社も時流に
  乗り遅れないよう、女性活用施策を検討しよう。
  やっぱり一番は、子育てとの両立支援かな・・・。

そのような課題認識で、ワークライフバランスのテーマに着手し始めた企業も多いのではないでしょうか。



でも、さらに広い視点でこのテーマを捉えると、その目的はもっともっと多様です。たとえば、

 -仕事以外(ボランティアやスポーツなど)で、自己実現を
  果たしたい

 -仕事と仕事以外の活動、それぞれで学んだことを相互に
  影響させながら、自分にしかできないキャリアを築き
  上げたい

 -自分の子供だけでなく、地域全体の教育に力を入れる
  ことで、次世代を担う人材をたくさん育てたい・・・

なども、「ワークライフバランス」で目指すところの一つです。


もちろんそれ以外にも、ワークとライフが一体化していて、仕事自体が自分の人生と考え、ワーク=ライフがワークライフバランスだ、という人もいるでしょう。


だから、「ワークライフバランス」が話題だからといって、

「成果主義の緩和」、「動労時間の削減」、「責任の軽減と女性保護」、「時短と在宅勤務の導入」・・・

などとすぐに結びつけるのは、少々危険だな、と、いろんな方とお話しをしながら、よく感じています。

続きを読む

スポンサーサイト
【2007/08/28 11:23】 | ■魅力ある会社を目指して | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
両立のためのコツ(5) …状況を活かす 
★両立することを、自らの成長機会としてとらえる★

仕事とプライベートの両立というと、相反することに対応しなくてはならない局面が多くなります。

やらなくてはならない仕事が残っているのに、保育園のお迎えの時間が迫ってくる、
どうしても仕事を休めない状況なのに、子供が発熱した、
ただでさえ両立が大変なのに、PTAの役員をしなくてはならなくなった・・・など、
相反する状況のやりくりに、日々苦労されている方も多いことと思います。

これらは、仕事をする上で、ハンディを背負っているととらえられがちです。

たしかに、思い切り仕事に没頭できる人と比べると、自由度が低く、数々の困難な局面を抱えていることは、大きなハンディかもしれません。

 
しかし、以前このメルマガでも書きましたが、困難な状況にある時は、それを克服するために、ありとあらゆる打ち手を模索して、精力的に動いたり、何とか工夫して解決方法を探り出すことが必要になります。
 ⇒ 33号『困難こそ成長のチャンス』
   http://blog.mag2.com/m/log/0000197175/108239096.html?page=2

環境に恵まれていると、何の無理もなく物事を進めることができます。

逆に、困難な状況にある時は、苦労無くしては物事は進みませんが、さまざまな打ち手を模索して、何とか克服するという成功体験を得ることができます。

もちろん、状況を克服するには想像を超えるようなアイディアや、信念、粘り、忍耐力、行動力などが必要ですが、だからこそ、それらを鍛える機会にもなります。


このように、困難な状況は成長のためのチャンスであると考えると、相反することに日々対応を迫られている状況は、まさに成長のためのチャンスと考えることができます。

仕事とプライベート双方の幸せを享受し、さらに自分の成長にもつながる・・・こんな幸せな状況は滅多に無いのではないでしょうか。

ですから、両立という課題を抱えている人は、今の困難さを前向きにとらえ、成長のためのチャンスを余すところなく活かしてほしいと思います。


それでは、どのようにこのチャンスを活かしたらよいのでしょうか?


続きを読む

【2007/08/13 17:45】 | ■個人の進化・成長に向けて | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
日本企業と自律型人材
★自律型人材とは★

最近、多くの企業で「自律型人材を育成しよう」とか「自主自律の社風を目指す」といった話が出ます。
 
「自律型人材」とは、いったいどのような人なのでしょうか?
なぜ、多くの企業は「自律型人材」を必要とするのでしょうか?
あなたは、ご自身が「自律型人材」だと思いますか?

「自律型人材」という言葉は、半ばあたりまえのように使われていますが、同じ会社でも人によってとらえ方が異なったり、あいまいであったりするように感じます。

そこで、今回はこの「自律型人材」について、ご一緒に考えてみたいと思います。



続きを読む

【2007/08/06 21:31】 | ■魅力ある会社を目指して | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。