>> このブログに込めた想い

当ブログと連動したメールマガジンを、毎週1回配信しています。ぜひご登録ください!

  
powered by まぐまぐトップページへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
モチベーションを維持し続ける方法
★一番難しいのは、モチベーション・マネジメント★

先週の土曜日、私がいつも担任を務めさせていただいている、とある女性対象スクールの、今期の最終授業がありました。

特定の資格取得がゴールではない、純粋な自己啓発が目的であるこの種のスクールやセミナーの効果としてとても重要なのは、同じような想いを持った仲間たちと出会い、相互に刺激し合うことです。


特に女性は、まだまだ身の回りに、仕事やキャリアにおける「同志」と呼べる同僚を見つけるのが難しい状況にあるようです。


そのような中、日常とは異なる空間で、同じ想いや意識を持った仲間だけが集まる時間というのは、たとえ2週間に1回という頻度であっても、とても貴重な場となっているのがよくわかります。



ただ、一つ大きな懸念は、そのようなスクールやセミナーには、必ず終わりが訪れるということです。

せっかく素晴らしい仲間と出会い、自分の中の変化も感じ、モチベーションが高まっても、それがいつまで長続きするか・・・というのは、参加する側にも、運営する側にとっても、大きな不安なのです。



実はこれは、女性セミナーに限らず、企業を対象とした研修やセミナーでも、常に発生している問題でもあります。


その場である程度ノウハウや思考法を習得し、そして、講師の話や仲間とのディスカッションに感動を覚え、「明日から頑張ろう!」と思っても、帰りの電車の中では既に忘れてしまっている・・・。

そんな状況を問題視する声を、私自身もよく聞くようになりました。


そこで今回は、その場の感動やモチベーションを維持し続けるためのヒントを2つ、ご紹介したいと思います。


続きを読む

スポンサーサイト
【2007/06/29 23:58】 | ■個人の進化・成長に向けて | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
本当の「価値観」を見出す方法
★「価値観」や「本質」はどこに・・・?★

「会社や組織のマネジメントにおいては、必ず自分自身(会社や組織)が一番大切にしているもの=価値観や本質を大切にしましょう」と、このメルマガの創刊当初から何度かお話ししてきたと思います。

また今では、マネジメントやキャリア開発に関連するサイトや書籍では、どこでもそんな話が書いてあります。


今となっては、価値観やバリューといった言葉は、会社や組織のマネジメントにおいては、当然の常識となっているような気もします。


しかし一方で、個人クライアントの一人ひとりや、企業のマネージャー層の方々と話していると、その「自分が大切にしているもの」、「自分自身の価値観」がなんだかわからない・・・という話も、最近よく耳にします。


あるいは、昔は高い志や確固とした価値観を持っていたけれど、日々の目標や雑多な仕事に追われるうちに、それらを忘れてきてしまった。

昔持っていた想いやビジョンというものが、なんだか現実からかけ離れている気がして、なかなか今の自分と結びつかない・・・というケースも多いかもしれません。


「価値観」や「本質」といったものを明確にしないといけないのはわかっているが、それが何なのかが見つけられない。それらを見つける手助けがほしい・・・。

それが、マネジメントに携わっている多くの人たちの本音ではないかと、最近は思うようになりました。

どうやったら、自分が一番大切にしているものを明確にし、シンプルなメッセージに落とし込むことができるのか・・・。


なかなか難しいテーマですが、今回は、僭越ながら私自身の経験も踏まえ、ひとつのヒントとしてのお話しをしてみたいと思います。

続きを読む

【2007/06/22 00:13】 | ■魅力ある会社を目指して | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
両立のためのコツ(3) ベーシックトラスト
★子供との接点の少なさ★

どんなに周囲が協力してくれても、どれだけ効率的に仕事や家事を進めても、仕事を持つ母親は子供との接点が少なくなることは否めません。

私たち働く母親が一番恐れているのは、自分が仕事をすることで、子供に負担がかかって悪い影響が出てしまうのではないか・・ということです。

また、子供が辛い思いをしているときに、自分が何も知らずに過ごしてしまっているのではないか・・ということです。

自分がいないときに、子供が人知れず淋しい思いをしているのではないか、なにか辛いことがあって帰ってきても、誰にも話すこともできずにいるのではないか・・、そんな心配をいつも心のどこかに抱えていて、子供の寝顔を眺めたりしたことがあるのではないでしょうか?

実際に、学校の先生や他のお母さんたちから、「こんなことがあった」と後で聞いて、かわいそうなことをした・・と思うこともたくさんありました。


それでも仕事を続けられるかは、子供にとって、「お母さんは自分のことを大事に思ってくれている」「最後は必ず味方をしてくれる」という信頼感を与えることができるかにあるように思います。

この信頼感・安心感を「ベーシックトラスト」と言います。
今回は、このベーシックトラストについて、考えてみたいと思います。

続きを読む

【2007/06/15 13:44】 | ■個人の進化・成長に向けて | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
組織の活力を引き出す
★ベンチャーや若者の活動に学ぶ★

どの会社も組織も、リソースを最大限に活用して、最大の成果や結果を生み出すことが永遠の課題です。

まして、労働人口の減少が懸念される今日では、組織の持てる力をフルに引き出していくことが、これまで以上に必要になります。

そのためには、いろいろな価値観を持つ組織の構成員一人ひとりに、組織の活動に本気で取り組んでもらうことが求められます。


では、どのような組織であれば、一人ひとりが本気で取り組み、組織の潜在力を最大に引き出せるのでしょうか? 

立ち上げ期のベンチャー企業や、若者の活動のエネルギーはどこから来ているのでしょうか?

困難な状況を必ず乗り切るといった精神的な高揚や、仕事の場の勢い/スピード感はどのようにしたら得られるのでしょうか?

単に年齢的な問題なのでしょうか?

そのような活力を、私たちが属する組織でも引き出すことはできないのでしょうか?


組織には、立ち上げ期から拡大期、安定期といったフェーズがあり、それぞれの課題や適したマネジメントのあり方があります。

しかし、立ち上げ期のベンチャー企業や、若者の活動のエネルギーはどのフェーズにある組織にとっても、学ぶべきところがあるのではないでしょうか。
 


今回は、立ち上げ期のベンチャー企業のマネジメントのあり方や、若者のエネルギッシュな活動の乗りやリーダーシップをヒントに、組織の構成員一人ひとりの活力を引き出すことについて、考えてみたいと思います。


続きを読む

【2007/06/07 20:40】 | ■魅力ある会社を目指して | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。