>> このブログに込めた想い

当ブログと連動したメールマガジンを、毎週1回配信しています。ぜひご登録ください!

  
powered by まぐまぐトップページへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
マネジメントにおける「最適解」と「絶対解」
★講師に学んだマネジメント★


今週末は丸2日間、研修やセミナーにたっぷり参加をしてきました(受講生として)。


講義・講演の内容はもちろん、職業柄、講師の方の講義の展開のさせ方、セッションの
運営方法などにも自然と目が行ってしまうのですが、そこでとても良い勉強をさせて
いただきました。


私が一番印象に残ったのは、講師の方が、受講者の特性を本当にじっくり理解し、一人ひとりの
キャラクターに合わせて講義を進行させていたことでした。


 ・ムードメーカーとしての役割が期待できそうな人には、盛り上げたいときに発言を求める

 ・みんなのお手本になりそうな人には、場を引き締めたいときに登場してもらう

 ・緊張や人見知り傾向がある人には、あまり人前での発言を強要しないようにする・・・


事前の情報収集だけでなく、その場でのやりとりも含め、様々な情報から各自のキャラクター
を見抜いていく、さすがだなー、と感心していました。


・・・と、受講生の立場で様々な気づきを得ながら、ふと、これはマネジメントの基本にも
つながるなー、と感じたのです。



★マネジメントで大切なのは「最適解」★

先ほどの講師の方と同じように、一人ひとりの個性を見て、一人ひとりに合わせた接し方や
サポートの仕方を変えるというのは、マネジメントの基本の一つでもあります。


研修などでもよくお話しをさせていただいていますが、たとえば、

 ・一つひとつの作業にまで具体的に入り込み、嫌がっても無理やりでもとにかくやらせる

 ・今の悩みや状況を詳しく聞き、その事情を理解したうえで、優しく動機付ける

 ・リソース(ヒト・モノ・カネ)と方向性だけ提示し、まずは好きなようにやらせてみる・・・

など、マネジメントのスタイルは様々で、これらの中には、絶対的な正解というものはありません。


組織内のメンバーは、それぞれ性格も違えば、育ちのフェーズも違います。


そのような状況の中では、画一的なマネジメントスタイルを貫くだけでは不十分なことが多く、
組織や部下の状態・状況に応じて、巧みにスタイルを変えていくことが求められます。


つまり、組織をマネージしていく上では、唯一無二の正解を求めるのでなく、その場その場での
「最適解」を見つけていくことが、とても大切なのです。



★マネジメントに外せない「絶対解」★

でも一方で、どのようなスタイルのマネジメントを行うにしても、必ず押さえておかなくては
いけない重要ポイント、つまり、「最適解」に対して「絶対解」とでも言うべきことがあります。

そのキーワードは「認知」です。


先ほどの研修の例でも、ムードメーカーとして頻繁に発言を求める(イジる)キャラクターの
受講者もいれば、少しそっとしておいた方がよい受講者もいます。

でも講師は、どちらの受講者にも等しくその存在を「認知」してあげる必要はあります。


人は常に、自分自身の存在意義・存在価値に敏感だといわれています。

最近の家庭内の虐待などの問題でも、ネグレクト(無視)による虐待が、子供に与える精神的
ダメージは非常に大きいといいます。



また、最近は職場で心身の健康を害する人が増えており、その一番の要因は、「働きすぎ」だと
言われることが多いようですが、たとえハードワークといえる労働時間であっても、仕事の中身に
よって、心身の健康を害する確率は変わってきます。

そのキーワードが、「存在意義・存在価値」なのです。


同じ時間働いていても、自分自身の存在価値を感じながら仕事をする場合と、存在意義を感じない、
又は自分のアイデンティティとかけ離れた仕事をする場合とでは、後者のほうが、圧倒的に心身の
バランスを崩す危険性が高いのです。



普段からおとなしく、自己主張の少ないメンバーであっても、自分自身の存在意義・存在価値に
敏感でない人はいないと考えてよいと思います。

そして、そんな欲求に応えてあげるために、マネジメントに必要なのは、まず、その存在を
しっかり認知すること、そして、認知していることをしっかり本人に示すことなのです。



目立つ人/控えめな人、仕事ができる人/「そこそこ」の人、仕事に一生懸命な人/
プライベートが大事な人・・・

それぞれの特性に応じて、マネジメントの仕方や接し方は様々に変えていくことが必要です。


でも、どんなメンバーでも、マネージャーからは等しくその存在が見えていることを明示する
ことはとても大事なことです。

個々人の存在価値を認めていることを示すことが、各自のコミットメントややる気を引き出す上では、
とても重要なことなのです。



一受講者として、様々な講義を受けてみて、こんなことを改めて実感した週末でした・・・。



今週のささやき

 マネージャーとして大切なのは「認知」。

 先日お話しを伺ったある方も、同じようなお話をされていました。
 (その方は、「承認」という言葉を使っていました。そのお話は、
 こちらに掲載しています)


 普段から一緒に働いている人に対して、改めて認知・承認の意思表示をするのは、なかなか
 難しいことではありますが、私自身も、少しずつでも、その表明をしていきたい、と思って
 います。


 (そんな私の気持ちは、こちらにも書きました。よろしければご覧ください。)

                                           (今週の文責:藤島)



スポンサーサイト

テーマ:経営 - ジャンル:ビジネス

【2007/02/26 01:37】 | ■魅力ある会社を目指して | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
困難にこそ成長のチャンス
★仕事が楽になったら、要注意★ 
 仕事に慣れてきたり、順調に進んだりして、「最近、楽になってきた」と感じることは
 ありませんか?
 
 日ごろの努力が実って、仕事が楽になってくるということは、もちろんとても良いこと
 です。 
 ただ、「成長」という観点からすると、そんな時こそ、要注意なのではないでしょうか。


 「仕事が楽になる」のには、いろいろな原因が考えられます。

 例えば・・・
 - 自分に力がついて、出来ることが増えた場合
 - 大きな成功体験があり、それを繰り返すことによって、仕事が順調に進む場合
 - 無理なく出来る範囲に、仕事やそのゴールイメージを設定している場合
 - 自分の実力よりも、レベルの低い仕事を与えられている場合

 いずれの場合も、現状に満足してしまって楽な仕事を続けてしまうと、今以上に成長す
 ることは難しくなります。


 特に、最後のケースの例になりますが、ある会社では、「男性に比べると、女性があまり
 成長していない」という問題を抱えていました。

 そこで、原因を調べていくと、その会社では中年の男性管理職が、若手の女性社員には
 条件が良い仕事や楽な仕事を与え、困難な仕事は男性社員に割り振る傾向にあることが
 わかりました。

 男性管理職は、女性をいたわったり、良かれと思って条件が良い仕事や楽な仕事を与え
 てきたわけですが、それが返って災いして、女性の成長を阻害することになってしまった
 のです。
 何とも皮肉な結果です。

続きを読む

【2007/02/15 19:25】 | ■個人の進化・成長に向けて | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
成長し続ける会社/組織(1)
★会社自身の発展が求められる時代★

 ここ数年、企業間の競争は、ますます激しくなってきました。
 あなたも、その変化のスピードが、どんどん速くなっていることにお気づきでしょうか?

 最近は、「多様化の時代」といわれ、女性をはじめとして、「働く人の多様化」が注目
 されていますが、「多様化」が進んでいるのは、働く人だけではありません。

 人々の生活や価値観が多様になるに従って、顧客の求めるもの(ニーズ)もこれまでより
 も多様になりました。

 以前は、「プロダクトアウト」といって、会社発で商品やサービスを提供し、その中から
 顧客がほしいものを選ぶという構造でした。
 しかし、今は顧客の多様なニーズに合わせて、どの会社も商品やサービスを提供しようと
 しているので、顧客視点が足りないと、他の会社に負けてしまいます。

 そこで、会社が顧客に提供する価値のあり方も、これまでとは比較にならないほど多種
 多様になりました。
 今までの延長上で勝ち続けることは、ほとんど不可能に近いと感じている会社が増えて
 きました。

 そこで、会社が勝ち残っていくためには、常に成長し発展し続けることが、不可欠になり
 つつあります。

 それでは、どのような会社や組織が「成長し続ける」ことができるのでしょうか。  
続きを読む

【2007/02/08 10:51】 | ■魅力ある会社を目指して | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「適職」の見つけ方
★キャリアの悩みNo.1は、今も昔も変わらない★

 仕事柄、いろいろな方からキャリアに関する相談を受けることも多いのですが、最近とくに、

 「今の仕事が自分に合っているか、わからない」

 「自分にはどんな仕事が合っているのか、わからない」

 という話(相談)を、何度か立て続けに複数の方から聞きました。


 仕事に対する価値観が変わってきている、会社と個人の関係が変わってきている、とは言っても、
 個々人のレベルでは、やはり今もなお、仕事やキャリアについて真剣に考え、同じ悩みを抱えて
 いる人は多いのだな、と感じます。



 そのような悩みを抱えている方と接しながら、いつも強く思っていることは、自分に合った仕事
 =適職が何かを判断できるのは、自分自身でしかない、ということです。

 私たちも、相談を受ける立場として最大限のアドバイスはするのですが、自分が何に適している
 のかを知る一番の近道は、じっくりじっくり、今までの自分や今の自分と向き合うことだと
 思っています。


 その前提条件を置いた上で、今回は、「適職」を見つけるための考え方について、ご紹介
 したいと思います。
続きを読む

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

【2007/02/04 22:24】 | ■個人の進化・成長に向けて | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。