>> このブログに込めた想い

当ブログと連動したメールマガジンを、毎週1回配信しています。ぜひご登録ください!

  
powered by まぐまぐトップページへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
私たちについて
 私たちは、10年近くコンサルタントとして活動し、組織と人の側面から企業の変革をサポートする
仕事をしてきました。

 企業の戦略やビジョンを実現するためには、どのような行動変革を促していけばよいのか。そのため
に、組織やヒトに対してどのような働きかけを行い、どのような仕組みを導入すればよいのか、という
ことを、真剣に突き詰めてきました。

 またそれだけでなく、実際に現場に入り込み、現場の方々の悩みや戸惑いを肌で感じて、一緒に解決
策を考えていくなど、企業の変革に長く、深く関わらせていただきました。
 その間、実に多くの方々にお話を伺い、ともに考えたり悩んだりする機会をいただいて、とても貴重
な経験をしてきたと思っています。

働く仲間や顧客に育ててもらった私たちから、その経験をベースに、新しい「会社とヒト」の関係や
個人の働き方について役に立つような発信ができたらという思いで、このブログ、そしてメルマガを
スタートします。


 また、二人とも、プロフェッショナルとしてのキャリアを積み重ねつつ、仕事と生活の両立を続けて
きた女性でもあります。

 今日では女性の活用が注目され、プロフェッショナルを目指す女性、仕事と私生活の両立で悩む女性
が急激に増えてきています。
 働く女性、両立する女性の一人として一歩一歩進んできた私たちが、そんな女性たちに何かしら役に
立つようなヒントを提供したいとも思っています。


スポンサーサイト
【2006/05/30 19:26】 | ■自己紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
はじめに ~ヒトと会社の新しい関係~
 私たちは今、これからの新しい「ヒトと会社の関係」を、一生懸命模索しています。


 最近では、2007年問題(団塊世代の定年退職)、ニートやフリーターの増加、少子高齢化など、企業
の人材不足が様々に語られています。

 このような問題を目前に控え、各企業は、自社の競争力となる人材を「男性/日本人/正社員/新卒」
という今までの枠組みで固定的に捉えては、やっていけないということに気づき始めています。

 
 一方、働く個人の側にも、大きな意識の変化が生まれてきています。

 特に、これまで就業に対する意識がそれほど高くなかった高齢者層や女性にも、自分の力を最大限に
発揮して、自分のキャリアや人生を再構築しようと考える人たちが増えてきました。

 また、これまで「大企業(有名企業)/安定性/高収入」などの基準で進路を選んできた若年層では、
本当にやりたいことを追求し、従来の「就職(就社)」とは違う道を選ぶ人も増えてきています。

 学生のころから会社を立ち上げ、社会人経験のないまま経営者になる人もいれば、一流大学を卒業し
ながら、知名度も収入も高くない、小さなベンチャー企業に入社する人もいます。

 
 クライアントの方々や知人の経営者と話をしていると、「働く」ということに関して、本当に十人十色
の価値観が存在しているのだということを実感します。


 
 このような動きの中で、今私たちに求められているのは、

          「会社とヒトの新しい関係」

 を築いていくことだと感じています。


 契約社員、派遣社員、中途採用者、女性、外国人、高齢者・・・。
多様な価値観を持った多様な人材と上手に付き合い、うまく活用していくことが、これからの企業の人材
マネジメントにおいて、とても重要なテーマになってくると思います。

 多様な人材と多様な関係を築き、個々の持てる力を最大限に引き出して全体のパフォーマンスを高めて
いく・・・それが、企業の競争力の維持・強化につながっていくのだと、私たちは考えています。


 このブログでは、「会社とヒトの新しい関係」を本気で追求している二人の女性コンサルタントが、
今後の「会社とヒト」のあり方についてお話していきます。

 ヒトの課題に対して真剣に取り組み、自らも働く女性として新たなプロのあり方を模索し、邁進して
きた私たちが、日々の想いや考え、語り合っていることをご紹介していきます。


 メールマガジンも創刊します。ぜひご登録ください!


【2006/05/30 19:20】 | ■はじめに | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。